全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡関川の伝統工芸品 「しな織」マスク 販売開始

 鶴岡市の関川に伝わるシナノキの皮を糸にして織り上げる古代布「しな布」を使用した工芸品を手掛けるしな織創芸石田(同市大山、石田純子代表)は、繰り返し洗って使用できる「しな布マスク」の販売を開始した。職人が一つずつ手作りした少しぜいたくなマスクに注目が集まっている。

 しな布が持つ自然の色合いと優しい肌触りをそのままに、マスクの外側にしな布が使われ、内側はさらし生地になっている。ひも部分は洗い続けても伸びることがないバイアステープになっており、耳に当たる部分のみゴムを使用している。衣料用洗剤で手洗いして繰り返し使用でき、内側のさらし部分にティッシュペーパーやキッチンペーパーなどを入れることで、よりきれいに長く使用できるという。

 3月ごろ、周囲からの要望も受けてしな布マスクを発案した同店の石田航平さん(37)は「注文を受けてから職人が手作りしている。東京など県外からの注文も入っており、ぜひ地元の人にも使ってもらえれば」と話す。

 しな布マスクは、税込み4950円。店頭販売は行っておらず、しな織創芸石田の公式ホームページからネット購入するか、同店=電0235(33)2025=(水曜定休、午前9時―午後6時)で電話予約を受け付ける。マスクは予約から3日ほどで手元に届く。

しな布が持つ自然の色合いとやさしい肌触りのマスク

関連記事

長野日報社

大雨の漂着物撤去開始 重機で2週間めど 長野県の諏訪湖

 2日の大雨で河川から大量のヨシや流木が諏訪湖に流れ込み、長野県諏訪市側の湖岸に漂着している問題で、県諏訪建設事務所は7日、重機による漂着物の除去作業を始めた。水の流れを妨げたり水門をふさいだ...

紀伊民報社

古民家のゲストハウス 梅の産地にオープン

 和歌山県みなべ町晩稲に古民家のゲストハウスがオープンした。日本最大級の観梅の名所「南部梅林」の近くにあり、観光客だけでなく、梅の収穫など援農者の利用も期待する。将来は農業などの体験も提供したい...

学生考案レシピを朝食で提供 新苫小牧プリンスホテル和

職業訓練校「野口観光ホテルプロフェッショナル学院」2年生の田村朝華さん(20)が考案した「トマトのおかゆ」が、新苫小牧プリンスホテル「和~なごみ~」の朝食メニューで提供されている。  野口観光...

荘内日報社

東北一広い市域 フィールド調査 東北大公共政策大学院 学生9人鶴岡市で活動 旧..

 東北大公共政策大学院(仙台市)修士1年の学生9人が4―6日の日程で鶴岡市を訪れ、旧町村部の地域振興に関する政策提言に向けたフィールド調査を行った。今後、政府機関や全国町村会事務局などにもヒアリングを行...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク