全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

とまこまい港まつり史上初の中止 「人命守るため苦渋の決断」

昨年も中心市街地を舞台に盛大に行われた市民おどり=2019年8月、苫小牧駅前本通

 苫小牧市で最大規模のイベント「とまこまい港まつり」の実行委員会は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7月31日~8月2日に開催予定だった第65回のまつりを中止することを決めた。観光親善大使「ハスカップレディ」の募集など関連事業の実施も見合わせる。まつり中止は、前身の「観光まつり」が始まった1950年以来初となる。

 27日午前、市役所で臨時会合を開いて決定。感染拡大防止へ、万全な態勢を整えるのが難しいと判断した。

 関係者約30人が集まった会合で、実行委員長の岩倉博文市長は「新型コロナが猛威を振るい、予断を許さない。終息時期が見えていない中、中止は尊い人命を守るための苦渋の決断」と理解を求めた。

 まつりは慣例で、8月第1週の金曜から日曜に開催。市内若草町の中央公園をメイン会場にステージイベントや中心街での市民おどりパレード、マーチングフェス、ポートカーニバルなど多彩な行事を繰り広げる。地域の夏の一大イベントで、昨年も約35万8000人が来場した。

 中止に伴い、まつりテーマやプログラム表紙デザインなどの募集も見合わせる。  昨年12月時点で、8月6~9日に札幌市で開催予定だった東京五輪マラソン・競歩を見据え、日程を7月末に前倒す計画だったが、「第65回」は欠番になるという。

 まつり中止の決定に、関係者からはさまざまな声が上がっている。

 苫小牧商工会議所の森本恭行専務は「他のさまざまな行事も中止となる中、実行委の判断は妥当だと思うが地域経済に大きな影響を与えるだろう」と懸念を示した。「港まつりは苫小牧では最もにぎわうイベントで例年グッズなども販売。売り上げも結構あったので残念」と語るのは、苫小牧観光協会の藤岡照宏専務。「観光案内所でも来場をアピールしてきたが、こういう状況ではやむを得ない」と声を落とした。

 市商店街振興組合連合会の秋山集一理事長は「影響は少なくないが今は市民が一体となって、終息に向けた努力をすることが大事」と話していた。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク