全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ロケット宇宙に届け 大樹小6年生がメッセージ看板

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)のロケット射場に、大樹小学校(渋谷浩校長)の6年生50人による応援メッセージ看板がお目見えした。5月に行われる観測ロケット「MOMO(モモ)」5号機打ち上げを前に、IST社員は「熱い思いがうれしい」などと意欲を新たにしている。

ISTのロケット射場に設置された大樹小6年生による応援メッセージ看板

 看板は建設業のエフリード(大樹)が、自社の広告として設置しているが、児童のメッセージを前面に出している。町出身の藤江伸二社長(54)が「夢に向かう大樹の宇宙事業に子どもたちも携わってほしい」と今年の冬にISTへの思いを書いてもらった。縦2メートル、横3メートルで今月中旬に設置した。中央には当時大樹小6年だった小島唯さんが昨年描いたイラストを掲載。同イラストは満寿屋商店(帯広)の「大樹ロケットパン」のパッケージに採用されている。

 手書きのメッセージは「宇宙までGO!」「宇宙まで飛ばせるように祈っています!」「インターステラテクノロジズさんの民間ロケットは、大樹町の自慢です」など。藤江社長は「今後は別の学年や中学生などにもメッセージを書いてほしい」と応援看板を更新することも予定している。

 稲川社長は「ロケットは理科教育の夢のある最先端ともいえる。新型コロナウイルスの影響で休校中の子どもたちに、明るいニュースを届けたい」と話している。5号機打ち上げ後は、子どもたちのメッセージの原本を町生涯学習センターなどに展示する予定。

看板は射場・ロケットの近くに設置されている(右下)

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク