全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

終息後の観光復活願い空に伸び伸び 大樹・歴舟川鯉のぼり

歴舟川を泳ぐかのように、悠々と風に舞うこいのぼり

 大樹町を流れる歴舟川に、こいのぼりを掲げる「歴舟川清流鯉(こい)のぼり」が24日に始まった。春の風物詩で、大樹橋沿いには国道236号にちなんだ236匹が泳いでいる。5月6日まで。

 大樹町観光協会(一戸勉会長)が主催し、今年で30回目を迎えた。この日は15人ほどが集まり、午前9時ごろから高所作業車などを使って設置作業を進めた。色とりどりのこいのぼりが風に揺れながら、川幅いっぱいに取り付けられた。

 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、河川敷に例年設置するミニこいのぼり100匹は取りやめた。5月5日の「こどもの日」に開催するイベントも中止を決めた。

 一戸会長は「子どもたちが大勢集まるような状況は避けた。こいのぼりの観賞は周囲と間隔を空けるなど注意し、少しでも心のゆとりにつながってくれれば」と話した。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク