全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「味守る」遺志継ぐ家族 清水「いとう」伊藤英人さん死去

在りし日の伊藤さん

 豚丼の人気店「ドライブインいとう」(清水町熊牛)の創業者で、4日、店の倉庫で起きた火災の犠牲になった伊藤英人さん(享年76)。家族はチャレンジ精神で人生を切り開いた伊藤さんの遺志を継ぎ、その味を日本中、世界中に広めることを誓っている。

 伊藤さんは1943年帯広市生まれ。清水町育ち。清水高校を卒業後、帯広市内の雑貨問屋勤務を経て68年ごろ、家業の雑貨店を継ぐため熊牛に戻った。「地域の役に立つ商売」を信条に、プロパンガス販売などを展開。70年代以降は農家の所得向上のため、スイートコーンや枝豆など高収益作物の生産を促し、東京の市場に卸す事業に注力した。

 その傍ら、食道楽と料理好きを生かして飲食業にも挑戦。帯広時代に食べた豚丼の味を思い出しながら、ショウガとニンニクをふんだんに使った秘伝のたれを3年がかりで完成させた。73年に国道274号沿いの現在地に店を構えた。

 妻の京子さん(72)と共に4人の子どもを育てながらの商売は苦労も絶えなかったが、店は繁盛した。もっとも、子どもたちを育て上げた後は、夫婦2人で生活できるだけの仕事を続けようと考えていたという。

 転機は15年余り前、熊牛を離れていた長男和隆さん(44)と次男友理(とものり)さん(43)が、父の味を継ぐため帰郷したこと。ちょうど道東自動車道の延伸が進み、交通の流れが変わり始めた時期でもあり、将来を見据えて外に打って出ることを決意した。

「いとう」の味を守ることを誓う伊藤さんの家族

 この時、武器になったのが秘伝のたれ。持ち前の行動力を発揮し、道主催の展示会で売り込み、商標登録も取得。2004年に「豚丼名人」「からまる味な名人」として販売を開始した。味が評判を呼び、全国の物産展から声が掛かるように。11年には新千歳空港内での出店につながった。

 現在は長女さつきさん(48)夫妻も経営に加わり、次女由希さん(47)を除き家族5人を中心に会社を切り盛りする。亡くなる少し前に残した手記で伊藤さんは、新型コロナウイルスの影響を「子どもたちがさらなる大きな会社にしていく上での試練」とし、家族で守り育ててきた味が「世界に羽ばたくことを願っている」と書き残した。

 家族の思いも同じ。「秘伝のたれを守り続けることを、お客さんもおやじも望んでいると思う。豚丼だけでなく、さまざまな料理に合うこのたれを、十勝の食材と一緒に全国・海外に発信していきたい」(友理さん)と前を向く。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク