全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

最盛期を迎えた冬ホッキ漁=17日午前7時25分ごろ、苫小牧漁港区

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力向上に弾みが付くと、漁業関係者も喜んでいる。

 ホッキ貝主要産地の北海道や青森、福島両県の市町村別漁獲実績のデータを苫小牧市が独自に集計し、順位を付けた。その結果、本道と両県の16年の漁獲量は5656トンで、前年より44トン減った。

 市町村別ではトップは苫小牧市で715トン。2位は根室管内別海町の489トン、3位は青森県三沢市の449トン、4位は根室市の400トン、5位は釧路管内白糠町325トン。この他、胆振管内ではむかわ町が270トンで7位、白老町は216トンで10位。

 漁が盛んな胆振管内全体の水揚げ量は1440トンで、本道と両県の合計漁獲量の25%を占める。日高管内は334トン(新ひだか町95トン、日高町94トン、えりも町83トンなど)だった。また、苫小牧市の漁獲高は、市町村別で最も多い4億1342万円で、1キロ当たり平均単価は前年より25円減の578円。2位は根室管内別海町で2億3320万円、3位は根室市の2億2514万円となった。

 苫小牧市の漁獲量は1994年の1255トンをピークに、資源保護の観点から減少傾向にある。漁に当たり苫小牧漁協は、漁獲対象を貝殻9センチ以上に規制し、5~6月を禁漁にするなど管理型漁業を徹底している。

 現在、漁を行っている同漁協の冬ホッキ部会の大島秀樹副船団長(53)は「資源量は近年増えており、中長期にわたり安定した漁獲量を維持したい」と話す。中出弘幸船団長(51)は「日本一の連続記録を更新し続け、苫小牧と言えばホッキ貝というブランド力を全国に発信したい」と意気込む。

関連記事

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

荘内日報社

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学...

紀伊民報社

わくわくするまちに 白浜でオンライン会議

 和歌山県白浜町の明るい未来を語り合うオンライン会議「第1回南紀白浜ビジョンミーティング」が2日にあり、町内外から150人が参加した。それぞれの未来像を共有し、協力して実現する仕組みづくりが目的...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク