全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

最盛期を迎えた冬ホッキ漁=17日午前7時25分ごろ、苫小牧漁港区

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力向上に弾みが付くと、漁業関係者も喜んでいる。

 ホッキ貝主要産地の北海道や青森、福島両県の市町村別漁獲実績のデータを苫小牧市が独自に集計し、順位を付けた。その結果、本道と両県の16年の漁獲量は5656トンで、前年より44トン減った。

 市町村別ではトップは苫小牧市で715トン。2位は根室管内別海町の489トン、3位は青森県三沢市の449トン、4位は根室市の400トン、5位は釧路管内白糠町325トン。この他、胆振管内ではむかわ町が270トンで7位、白老町は216トンで10位。

 漁が盛んな胆振管内全体の水揚げ量は1440トンで、本道と両県の合計漁獲量の25%を占める。日高管内は334トン(新ひだか町95トン、日高町94トン、えりも町83トンなど)だった。また、苫小牧市の漁獲高は、市町村別で最も多い4億1342万円で、1キロ当たり平均単価は前年より25円減の578円。2位は根室管内別海町で2億3320万円、3位は根室市の2億2514万円となった。

 苫小牧市の漁獲量は1994年の1255トンをピークに、資源保護の観点から減少傾向にある。漁に当たり苫小牧漁協は、漁獲対象を貝殻9センチ以上に規制し、5~6月を禁漁にするなど管理型漁業を徹底している。

 現在、漁を行っている同漁協の冬ホッキ部会の大島秀樹副船団長(53)は「資源量は近年増えており、中長期にわたり安定した漁獲量を維持したい」と話す。中出弘幸船団長(51)は「日本一の連続記録を更新し続け、苫小牧と言えばホッキ貝というブランド力を全国に発信したい」と意気込む。

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク