全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

最盛期を迎えた冬ホッキ漁=17日午前7時25分ごろ、苫小牧漁港区

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力向上に弾みが付くと、漁業関係者も喜んでいる。

 ホッキ貝主要産地の北海道や青森、福島両県の市町村別漁獲実績のデータを苫小牧市が独自に集計し、順位を付けた。その結果、本道と両県の16年の漁獲量は5656トンで、前年より44トン減った。

 市町村別ではトップは苫小牧市で715トン。2位は根室管内別海町の489トン、3位は青森県三沢市の449トン、4位は根室市の400トン、5位は釧路管内白糠町325トン。この他、胆振管内ではむかわ町が270トンで7位、白老町は216トンで10位。

 漁が盛んな胆振管内全体の水揚げ量は1440トンで、本道と両県の合計漁獲量の25%を占める。日高管内は334トン(新ひだか町95トン、日高町94トン、えりも町83トンなど)だった。また、苫小牧市の漁獲高は、市町村別で最も多い4億1342万円で、1キロ当たり平均単価は前年より25円減の578円。2位は根室管内別海町で2億3320万円、3位は根室市の2億2514万円となった。

 苫小牧市の漁獲量は1994年の1255トンをピークに、資源保護の観点から減少傾向にある。漁に当たり苫小牧漁協は、漁獲対象を貝殻9センチ以上に規制し、5~6月を禁漁にするなど管理型漁業を徹底している。

 現在、漁を行っている同漁協の冬ホッキ部会の大島秀樹副船団長(53)は「資源量は近年増えており、中長期にわたり安定した漁獲量を維持したい」と話す。中出弘幸船団長(51)は「日本一の連続記録を更新し続け、苫小牧と言えばホッキ貝というブランド力を全国に発信したい」と意気込む。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク