全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

テナント休業相次ぐ 新型コロナで旅客少なくビル内閑散-新千歳

臨時休業した飲食店。新型コロナ感染拡大に伴う利用客減少が各テナントの経営を直撃している

 新型コロナウイルスの感染拡大により、利用者が激減している新千歳空港では、テナントの休業が相次いでいる。国の非常事態宣言の対象区域が全国に拡大された影響もあり、21日までに国内線ターミナルビル内の約170テナントのうち、飲食店や土産物店、エンターテインメント施設など36施設が臨時休業、または休業することを決めた。感染拡大の状況によっては、さらに拡大する可能性もある。

 同空港を運営する北海道エアポート(千歳市)によると、空港内では3月上旬から「ドラえもんわくわくスカイパーク」「ハローキティ・ハッピーフライト」が営業を休止。今月13~19日にかけては土産物店、菓子店、飲食店など17店舗、その後も17店舗が休業を決めている。期間は宣言期間の5月6日まで。営業中のテナントでも、時短営業をする店が多い。

 国内線ビル内は、旅行や出張などで飛行機を利用する人たちが多く行き交う平時とは全く異なり、人影はまばら。土産物店に勤める50代女性は「きょうのフライトも、国内線の乗客は1000人もいないと聞いている」とため息交じりだった。別のテナント関係者も「売り上げは昨年の同じ時期の7~8割減。全然駄目だ」と肩を落とす。外出自粛を受け、買い物に訪れる地元客の利用も少ない。

 休業した飲食店の関係者は「スタッフの健康面にも配慮して決断した。客の入りが良くない上、大学生のアルバイトの確保も難しい」と頭を抱えた。

 国土交通省新千歳空港事務所によると、国内線の2020年4月1~16日の運航便数は前年同期比44%減だった。搭乗した旅客の減少割合はもっと多いとみられる。国際線も1カ月近く発着便のない日が続き、北海道エアポートは「状況によっては今後も休業する店が増えるかもしれない」とみている。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク