全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

金澤会長 十勝サッカー協会 ダブル功労賞

 十勝地区サッカー協会の金澤耿会長(72)が日本サッカー協会(田嶋幸三会長)と北海道サッカー協会(鈴木重男会長)のそれぞれから2019年度の功労賞を受賞した。ダブル受賞に金澤会長は「地方の一サッカー選手から始まり、サッカー界の発展に全力で取り組んできたことが認められうれしい」と感激するとともに、「十勝のサッカーをより質の高いものにしていきたい」と意欲を新たにしている。

日本協会の表彰盾を手にする金澤耿会長。左は道協会の盾。「プレーヤーズファーストの精神を大事に、より質の高いサッカー環境を整えていきたい」と意欲を新たにする

 金澤会長は15年度から2期4年、道協会副会長と同時に日本協会の評議員を務め、役員の定年制で18年度で退任した。

 評議員としては15、16年の日本協会初となる会長選挙で投票を行った。当時、副会長だった田嶋氏と専務理事の原博実氏の2人が立候補し、田嶋氏が当選した。「準備期間も含め1年がかり。それぞれのプレゼンテーションもあり、いい経験をさせてもらった」と振り返る。

 道協会では昨年11月の創立90周年記念式典で功労賞、感謝状の全受賞者を代表して謝辞を述べた。「十勝協会は道内でも先進的な協会。他の地域から目標とされており、それが指名につながったのだろう。十勝協会を誇りに思う」と足元の『十勝サッカーファミリー』に敬意を払う。

取り組み認められ うれしい
 金澤会長がサッカーを始めたのは22歳の1969年。「高校(帯三条)時代は山岳部で、昼休みでボールを蹴って遊んでいたくらい。若いうちからスポーツをしなくちゃならないと考えた時に、ボール1個あればお金の掛からないのがサッカーだった」。友人らと素人のクラブチーム「ファンファン」を結成。当時の社会人では蹴鞠会、帯広クラブなど数は少なかった。「試合の時にスパイクシューズが無くて、半数近くが地下足袋だった。今ならコンプライアンスで駄目だが、当時は『やっちまえ』『蹴っ飛ばせ』と荒っぽかった。二日酔いで酒臭いままプレーしたことも。試合後、審判員からルールとエチケットを学ぶようにと注意された」と苦笑い。

 帯広サッカー協会(十勝地区協会の前身)が競技力向上や指導者養成などを盛り込んだ10年計画「協会活性化長期プラン ネクスト10」を策定した96年の2年後に会長に就任。先頭に立って計画を推進し、指導者、審判員の育成、向上への取り組みはトレセンの活発化や大会、試合数増にもつながった。選手の競技力は急速に高まり、各カテゴリーで全国大会進出を果たした。競技人口も増え、札幌協会に次ぐ道内2番目の登録者数を誇る。02年に帯広の森球技場が完成するなど管内の天然芝のサッカー場は50を数えるほどに施設も充実している。

 05年には「プレーヤーズファースト(競技者を第一に考える) そして次世代のために」を基本コンセプトとした「新活性化5カ年」がスタート。10年には道内15地区協会の先陣を切って法人化を実現させ、「一般社団法人十勝地区サッカー協会」を設立。11年からは「とかちブランドのサッカー」を掲げた「とかちパワーアッププラン」、16年から専用のサッカー・フットサル場の建設などを盛り込んだ「とかちDREAM2020」と続き、十勝のサッカー界は前進を止めない。

目指すは質の高さ
 組織体制が完成し、財政的にも安定している中、金澤会長が次に目指すのは「質の高いサッカーができる環境づくり」。社会人の「北海道十勝スカイアース」は道民悲願の地元からJFL昇格、Jリーグ参入を掲げて取り組んでおり、十勝で開催されている日本クラブユースサッカー選手権U-15大会は今年で10年目となる。「サッカー専用スタジアムは必要」と先を見据えている。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク