全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

高速交通インフラ整備を

庄内地域の高速交通基盤整備促進の要望を受けた後、記念撮影に応じる麻生副総理(中央)と庄内開発協の役員ら=16日、鶴岡市のグランドエル・サン

 庄内開発協議会(会長・丸山至酒田市長)は16日、麻生太郎副総理兼財務大臣に庄内地域の高速交通基盤整備の促進を要望した。麻生副総理は同日夜に鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた鶴岡商工会議所(早坂剛会頭)の新年祝賀会に出席し、この席上、丸山市長が要望書を手渡した。麻生副総理は「ミッシングリンク(未整備区間)はつながないといけない」と述べ、早期の高速道路網整備の必要性に理解を示した。

 要望書では、地方創生を実現するためにも高速交通基盤の整備は不可欠であるとし、▽日本海沿岸東北自動車道と地域高規格道路「新庄酒田道路」の整備促進▽庄内空港の滑走路を2500メートルへ延長するための国庫補助採択要件の拡充▽羽越新幹線を整備計画路線に格上げするための法定調査の実施―の3つを挙げた。

 鶴岡商議所の新年祝賀会には来賓を含め約270人が参加。早坂会頭のあいさつに続き、麻生副総理が国内外の経済情勢や日本のものづくりの重要性などについて1時間ほど講演した。

 講演終了後、丸山市長と同協議会の新田嘉一最高顧問、副会長の皆川治鶴岡市長、加藤鮎子衆院議員(山形3区)が登壇。丸山市長が「日本経済に貢献するためのツールとしても庄内地域のインフラ整備をお願いしたい」と述べ、要望書を手渡した。

 麻生副総理は「道路を整備すれば、(地域の)生産性が上がるということを示すことが肝心だ」と述べた。麻生副総理は17日、鶴岡市の慶應義塾大先端生命科学研究所やスパイバー、市文化会館「荘銀タクト鶴岡」を視察した。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク