全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

奇絶峡の風穴 再発見

大正時代には蚕種を貯蔵していたという奇絶峡の風穴の中(田辺市上秋津で)

 和歌山県田辺市の上秋津愛郷会(中山浩一代表理事)は、吉野熊野国立公園に追加指定された奇絶峡の山中にある風穴(ふうけつ)を「再発見」した。風穴が愛郷会の山にあると以前から知られていたが、詳しい場所は分からなくなっていた。元愛郷会役員の原和男さん(77)は「愛郷会の財産。後世に伝えるため、はっきりとした場所を確認しておく必要があった」と話している。

 1965年に発行された地誌「太古海中の秋津谷 上秋津村中心の史蹟概要と奇絶峡物語」にも詳しく紹介されている。その風穴は、びょうぶのような「三枚ナメラ」と呼ばれる大岩にあって、極暑でも寒風が吹いてくると書かれている。さらに洞窟内は養蚕(ようさん)業が盛んだった大正初期に蚕種の貯蔵庫として、その後はかんきつ類の貯蔵に利用していたと説明。昭和50年代の観光パンフレットにもその存在が紹介されている。  調査は、30年以上前に1度訪れたという原さんの記憶とメモを頼りに、昨秋から3回行い、県道から約40分歩いた山中で再発見することができた。国立公園内であることから環境省田辺自然保護官事務所職員も参加した。  再発見した風穴は幅約50センチ、高さ1メートル弱の小さなものが複数。そこから続く洞窟は広く、高さと奥行きが約10メートル、幅は3メートル以上ある。貯蔵庫として利用していた当時は床にコンクリートを張っていたと伝わるが、土砂が2、3メートルほども積もっており、確認することはできなかった。  原さんは「再発見できてうれしい。奇絶峡の素晴らしい自然と結び付けながら何とか活用してもらえたらと思っている」と話している。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク