全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

奇絶峡の風穴 再発見

大正時代には蚕種を貯蔵していたという奇絶峡の風穴の中(田辺市上秋津で)

 和歌山県田辺市の上秋津愛郷会(中山浩一代表理事)は、吉野熊野国立公園に追加指定された奇絶峡の山中にある風穴(ふうけつ)を「再発見」した。風穴が愛郷会の山にあると以前から知られていたが、詳しい場所は分からなくなっていた。元愛郷会役員の原和男さん(77)は「愛郷会の財産。後世に伝えるため、はっきりとした場所を確認しておく必要があった」と話している。

 1965年に発行された地誌「太古海中の秋津谷 上秋津村中心の史蹟概要と奇絶峡物語」にも詳しく紹介されている。その風穴は、びょうぶのような「三枚ナメラ」と呼ばれる大岩にあって、極暑でも寒風が吹いてくると書かれている。さらに洞窟内は養蚕(ようさん)業が盛んだった大正初期に蚕種の貯蔵庫として、その後はかんきつ類の貯蔵に利用していたと説明。昭和50年代の観光パンフレットにもその存在が紹介されている。  調査は、30年以上前に1度訪れたという原さんの記憶とメモを頼りに、昨秋から3回行い、県道から約40分歩いた山中で再発見することができた。国立公園内であることから環境省田辺自然保護官事務所職員も参加した。  再発見した風穴は幅約50センチ、高さ1メートル弱の小さなものが複数。そこから続く洞窟は広く、高さと奥行きが約10メートル、幅は3メートル以上ある。貯蔵庫として利用していた当時は床にコンクリートを張っていたと伝わるが、土砂が2、3メートルほども積もっており、確認することはできなかった。  原さんは「再発見できてうれしい。奇絶峡の素晴らしい自然と結び付けながら何とか活用してもらえたらと思っている」と話している。

関連記事

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

荘内日報社

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学...

紀伊民報社

わくわくするまちに 白浜でオンライン会議

 和歌山県白浜町の明るい未来を語り合うオンライン会議「第1回南紀白浜ビジョンミーティング」が2日にあり、町内外から150人が参加した。それぞれの未来像を共有し、協力して実現する仕組みづくりが目的...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク