全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新型コロナ感染防止 ミシン、生地の需要急増 マスク手作り拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大防止でマスクを手作りする動きが広がり、ミシンや生地などの需要が急激に高まっている。

 東洋商事ミシンセンター(登野城)では4月に入ってから来店客が増加。販売・修理・経理を担当する仲宗根雄輝さん(38)は「おそろしいくらい」とびっくり、「通常の3、4倍の売り上げがある」と話す。

 売れ筋は1~3万円台のミシンで、すでに品薄。ミシンは、立体型のマスク作りに適しており、購入者には型紙を提供している。

 ある手芸店では、13日に石垣市内で初感染が確認されて以降、一気に需要が高まった。店主は「朝から出て夕方まで昼食もとれず、トイレにも行けないくらい来店があった」という。

 店内が混み合わないよう入店者の数を制限しているほか、短時間での生地選びを呼び掛けている。「私や客同士の感染も心配されるので休みたいが、休むとマスクを作れない人がいるので悩む」と複雑な心境を吐露した。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク