全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

移住ドラフト指名の芳野さん着任 芽室の地域おこし隊

 芽室町の地域おこし協力隊として4月から、芳野都馬さん(22)が着任した。芳野さんは昨年9月の移住マッチングイベント「北海道移住ドラフト会議」で町が交渉権を獲得した“大卒ルーキー”。町が今年度から取り組む「芽室ジモト大学(仮称)」の運営に携わる。

新天地での活動に意気込みを見せる芳野さん

 芳野さんは群馬県出身。大学では社会教育や生涯学習について学び、中学社会と高校地理・歴史の教員免許も取得した。

 大学3年の3月に日本一周旅行をした際、出会った人から地域おこし協力隊のことを聞き興味を持った。旅行中に直感で「住んでみたい」と感じた北海道への移住を決意。企業や自治体を「球団」、移住希望者を「選手」に見立てたドラフト会議に参加し、複数球団が手を挙げた中、手島旭芽室町長がくじ引きで交渉権を獲得した。昨年11月には町内を見学。「会議では町長から熱意を感じた。見学の時には移住の気持ちが固まっていた」と話す。

 「芽室ジモト大学」は中・高生を対象に、地元の大人が町の魅力などを伝える町の新規事業。芳野さんは「地元の良さを分かっている人は案外少ない。町に何があってどんな魅力があるかを理解してもらえるような取り組みをしたい」と意気込んでいる。

 「コーンチャーハンやニジマスがおいしかった」とすでに町の魅力を体感している芳野さん。「町の人から『芽室を変えるのは若者や移住者だ』という声を聞き、プレッシャーもあるが新しい視点で仕事を頑張りたい」と語った。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク