全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

郵送で本貸し出します

小中学生から貸し出し希望があった本を、レターパックに詰めて郵送する(田辺市東陽の市立図書館で)

 田辺市立図書館(和歌山県田辺市東陽)は21日から、市内の小中学生を対象に、郵送で本を貸し出すサービスを始める。新型コロナウイルスの感染拡大で学校の臨時休校が続く中、子どもたちに読書の楽しみを届けたり、家庭学習を支援したりしようという取り組み。送料無料で、5月6日まで実施する予定。

 市立図書館は国の緊急事態宣言を受け、19日から5月6日まで、旧4町村にある分室も含めて臨時休館することを決めている(5月7日は通常休館日)。休館期間中も、職員は通常通り出勤する。
 郵送での貸し出しは、市内の小中学校に通う児童・生徒が対象。申し込みは電話で受け付ける。
 貸し出しできるのはレターパック(縦34センチ、横24・8センチ、厚さ3センチ)に入る大きさの本で、1回につき2冊まで。借りたい本の書名と、学校名や学年、氏名、住所、電話番号を伝えれば、利用者カードを持っていなくても借りることができる。<br.  貸出期間は2週間で、返却は同封されている返送用のレターパックに本を入れて、送り返せばよい。
 蔵書は、市立図書館のホームページで検索することができる。
 松本光生館長は「休校が長引き、外出の自粛も求められている中で、子どもたちもストレスがたまっていると思う。この機会に少しでも本に親しんでもらえたら。家庭学習にも役立ててほしい」と話している。
 貸し出しの申し込み、問い合わせは、市立図書館(0739・22・0697)へ。受付時間は午前9時~午後5時。27日は休み。 ◇  市立図書館は19日~5月6日の臨時休館に伴い、すでに貸し出し中の本について、返却期限を5月15日まで延長する。休館期間中も、返却ポストは利用できる。予約本の受取期限も、5月15日まで延長する。  市内の拠点を巡回している移動図書館も休館期間中、運行を中止する。貸し出し中の本は、次回の巡回日まで返却期限を延長する。

関連記事

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク