全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

世界と絆 交信証明1万枚 世界アマチュア無線の日 帯広

今も現役で無線を運用する石王さん

 「CQ、CQ」。見えない電波に思いを乗せ、世界中の人と交流できるアマチュア無線。インターネットや携帯電話、SNSなど多くのコミュニケーション手段が普及した今も、多くの人をとりこにする。海外の仲間との通信やコンテストへの参加、機材の自作など楽しみ方は多種多様だ。きょう4月18日は「世界アマチュア無線の日」-。

 帯広市内に住む石王輝幸さん(84)もアマチュア無線を愛する1人。36歳の時、たまたま訪れた市児童会館で無線通信をしている人を見かけ、「世界の人と話せる」と興味を持った。

 早速、第4級アマチュア無線技士の資格を取り、その後、モールス通信の資格も取得。無線運用を始めるとすっかり熱中し、時差のある海外と通信するために夜中でも電鍵を打ち、英文モールスで交流の輪を全世界に広げていった。

 自宅の敷地には20メートルのアンテナタワーが立ち、交信後に互いに送り合うQSLカード(証明書)は約1万枚が手元に。中には、南極の昭和基地から送られたものもある。

 アマチュア無線の世界に飛び込んで、もうすぐ50年がたつ。資格は第2級アマチュア無線技士にステップアップ。部屋にずらりと並ぶ無線機器を前に、石王さんは「いろいろな人と出会えることが一番。無線を通じて出会った人とは強い信頼で結ばれ、仲間意識が生まれる」と話す。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク