全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

企業も住民も力合わせ乗り越えよう! マスク不足に支援の輪

高齢者を“守り隊”婦人会など手作りし配布 鶴岡市湯野浜

 鶴岡市の湯野浜地区社会福祉協議会(小野隆会長)と湯野浜婦人会(後藤るみ会長)は17日から、合同で湯野浜地区の高齢者宅を戸別訪問し、見守りも兼ねて布製手作りマスクと写経なぞり書き用紙の配布を開始した。

 同地区は人口約1200人で、そのうち368人が後期高齢者。新型コロナウイルス感染拡大とマスク不足の社会現象の中、高齢者がマスク購入のために店舗の列に並ぶことが難しく、自分で製作するのも困難だろうとの思いやりから今回の企画が生まれた。

 11日から12人体制でマスクの製作を開始し300枚を完成させた。30日までの約2週間をかけて戸別訪問で高齢者宅に配布する。普段は集まって開催される地域の写経の会も、3密を避けて自宅で継続できるように薄刷りのなぞり書き用紙5枚も合わせて配布された。

 17日に配布を受けた釼持松雄さん(88)は「不織布マスクが残り少ないので、洗って繰り返し使用できる布マスクはありがたい」と話した。小野会長は「男性にはできない取り組み。婦人会は心強い」と話し、率先してマスクを配布しながら今後の要望も熱心に聞いて回っていた。

困っている所に配布を6000枚酒田市と遊佐町へ メカニック

 環境設備・装置など製造のメカニック(酒田市砂越、佐藤優社長)とグループ企業の庄内エコポリス(同市石橋、佐藤達也社長)は15日、取引先のネットワークを通し調達した不織布マスク計6000枚を酒田、遊佐両市町に寄贈した。

 市内で新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受け両社は急きょ、中国の取引先を通じマスク計3万6000枚を輸入。両市町でもマスク不足が深刻する中、有効に活用してほしいという願いを込め酒田に50枚入り80箱(計4000枚)、遊佐に同40箱(計2000枚)それぞれ贈ることにした。

 このうち酒田の贈呈式は市庁舎内で行われ、佐藤優社長が「マスクがなくて困っている箇所に配布し、有効に活用してほしい。感染症の早期終息を願う」とあいさつ、市の菊池裕基健康福祉部長兼福祉事務所長に目録を手渡した。

 菊池部長は「まとまった数の寄贈は本当にありがたい。医療機関から『足りない』という声を聞く。困っている人を対象に支給させていただく」と謝辞を述べた。両社はこのほか、緊急事態宣言が発令されている首都圏、関西圏の取引先にも贈ることにしている。

12人体制4拠点でのマスク作りが急ピッチで進められている=17日(上写真) 手作りマスクと写経用紙を受け取る釼持さん(右)(中写真) 両会の手作りマスク「あなたの命を守り隊」(下写真)

菊池部長(左)に目録を手渡す佐藤優社長(中央)=15日午前、酒田市庁舎

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク