全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

企業も住民も力合わせ乗り越えよう! マスク不足に支援の輪

高齢者を“守り隊”婦人会など手作りし配布 鶴岡市湯野浜

 鶴岡市の湯野浜地区社会福祉協議会(小野隆会長)と湯野浜婦人会(後藤るみ会長)は17日から、合同で湯野浜地区の高齢者宅を戸別訪問し、見守りも兼ねて布製手作りマスクと写経なぞり書き用紙の配布を開始した。

 同地区は人口約1200人で、そのうち368人が後期高齢者。新型コロナウイルス感染拡大とマスク不足の社会現象の中、高齢者がマスク購入のために店舗の列に並ぶことが難しく、自分で製作するのも困難だろうとの思いやりから今回の企画が生まれた。

 11日から12人体制でマスクの製作を開始し300枚を完成させた。30日までの約2週間をかけて戸別訪問で高齢者宅に配布する。普段は集まって開催される地域の写経の会も、3密を避けて自宅で継続できるように薄刷りのなぞり書き用紙5枚も合わせて配布された。

 17日に配布を受けた釼持松雄さん(88)は「不織布マスクが残り少ないので、洗って繰り返し使用できる布マスクはありがたい」と話した。小野会長は「男性にはできない取り組み。婦人会は心強い」と話し、率先してマスクを配布しながら今後の要望も熱心に聞いて回っていた。

困っている所に配布を6000枚酒田市と遊佐町へ メカニック

 環境設備・装置など製造のメカニック(酒田市砂越、佐藤優社長)とグループ企業の庄内エコポリス(同市石橋、佐藤達也社長)は15日、取引先のネットワークを通し調達した不織布マスク計6000枚を酒田、遊佐両市町に寄贈した。

 市内で新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受け両社は急きょ、中国の取引先を通じマスク計3万6000枚を輸入。両市町でもマスク不足が深刻する中、有効に活用してほしいという願いを込め酒田に50枚入り80箱(計4000枚)、遊佐に同40箱(計2000枚)それぞれ贈ることにした。

 このうち酒田の贈呈式は市庁舎内で行われ、佐藤優社長が「マスクがなくて困っている箇所に配布し、有効に活用してほしい。感染症の早期終息を願う」とあいさつ、市の菊池裕基健康福祉部長兼福祉事務所長に目録を手渡した。

 菊池部長は「まとまった数の寄贈は本当にありがたい。医療機関から『足りない』という声を聞く。困っている人を対象に支給させていただく」と謝辞を述べた。両社はこのほか、緊急事態宣言が発令されている首都圏、関西圏の取引先にも贈ることにしている。

12人体制4拠点でのマスク作りが急ピッチで進められている=17日(上写真) 手作りマスクと写経用紙を受け取る釼持さん(右)(中写真) 両会の手作りマスク「あなたの命を守り隊」(下写真)

菊池部長(左)に目録を手渡す佐藤優社長(中央)=15日午前、酒田市庁舎

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク