全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

バレンクラゲ捕獲

バレンクラゲ。捕獲後1日たっており、パーツが少しずつ壊れている(白浜町で)

 外洋性のため、ほとんど人目に付かない珍しいクラゲ「バレンクラゲ」が和歌山県白浜町で捕獲され、同町にあるベニクラゲ再生生物学体験研究所(久保田信所長)に持ち込まれた。久保田所長は「生きたまま捕獲されるのは全国的にも珍しく、このような姿を見たのは初めて」と驚いている。
 バレンクラゲを捕獲したのは同町才野、漁業、瀬道隆男さん(49)。14日午後1時ごろ、臨海の海岸沿いで休憩していた時、岸近くで見たことのない生き物を発見。プラスチック製の容器ですくい取って、研究所に持ち込んだ。
 役割分担した個虫が集まった群体性のクラゲで「小さく細長い風船のような浮き部」「クラゲ形をした推進装置が多数並ぶ動力部」「触手などが伸びる捕食・繁殖部」に分かれている。太い触手は鮮やかな紅色をしているが、群体によって色は異なる。浮き部から推進装置までの長さは13センチほど。
 久保田所長によると、バレンクラゲは普通、沖合で浮遊生活しており、飼育が非常に難しく生態はほとんど分かっていないという。分布は広く、世界各地の暖海に生息する。「田辺湾ではめったに見られない。数日前からの強風で吹き寄せられた可能性が高い」と推測している。

関連記事

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク