全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

タンチョウ輪禍の現実知って ツル舎公開【釧路】

 

新たに公開されたツル舎

 釧路市動物園(古賀公也園長)は、園内で保護、飼育しているタンチョウについて知ってもらおうと、ツル舎を新たに公開した。ケージ内には事故が原因で義足をつけたタンチョウがおり、獣医師の飯間裕子さん(39)は「タンチョウの事故防止を考えるきっかけになってくれれば」と話している。

 公開しているのはキリン舎向かいにあるツル舎。これまでは前面を鉄板で覆っており、6ケージあるうちの1ケージを斜めから見ることができた。事故などで運び込まれたタンチョウの飼育状況を知ってもらうことで、共生について考えるきっかけになってほしいと今年3月、2ケージ分の鉄板を取り外して公開した。  ケージ内には事故で片足を失い、義足をつけて暮らすタンチョウの姿が。飯間さんは「保護活動などによって個体数は増えてきたが、それに比例して事故に遭うタンチョウが増えている」と話す。

 飯間さんによると、2010年から19年までの間に、事故などで同動物園に運び込まれたタンチョウは300羽を超える。要因は車との衝突が最も多く、次いで電線衝突、列車衝突と続く。近年ではフェンスなどに絡まった、家畜のふん尿を肥料として利用するための「スラリータンク」に落ちたなどの事例も増えているという。

 車との衝突が最も多いことについて、飯間さんは「道路にいるタンチョウは、車が近づいても飛んで逃げない。カラスなどのイメージで近づくと、ぶつかってしまう」とし「もしも運転中に出くわしたら、スピードを落として徐行してほしい」と訴えた。

 同動物園が行うタンチョウの治療や保護、飼育の様子は「まいにちタンチョウ・レスキュー」としてインターネット交流サイト(SNS)で配信している。このほか、昨年から月に1度、飯間さんがガイドを務めるミニバックヤードツアーなども実施していたが、新型コロナウイルスの影響で現在は中止している。  飯間さんは「義足をつけた個体はここで生涯を終えることになる。タンチョウの事故という現実を少しでも知るきっかけになれば」と話している。 

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク