全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「奄美・沖縄」審査 先送り 世界遺産委延期、IUCN勧告も日程未定 新型コロナ影響

多様な生き物が宿る照葉樹の森。生命の源となる水が巡る=鹿児島県奄美大島

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は14日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、6月から中国で予定していた世界遺産委員会の延期を決めた。委員会で予定していた世界自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の登録審査も先送りとなった。

委員会は6月29日から7月9日にかけて中国・福州で開かれる予定だった。ユネスコはホームページで委員会の延期を発表。今後の日程については検討中で、「できるだけ早く詳しい情報を提供する」としている。

 奄美・沖縄については、登録の鍵を握るユネスコの諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)の勧告が5月ごろに出る見込みだった。勧告は世界遺産委員会開催の6週間前までに出されるが、環境省自然環境計画課は「委員会の日程が決まっていないので、今の段階ではどうなるか分からない」と説明。

 同課の担当者は「例年通り、大型連休ごろに勧告が行われることも想定しながら動いている状況。早期登録を目指す方針に変わりはない。引き続き万全を期して取り組んでいく」と述べた。

 奄美・沖縄を巡っては、政府は2017年2月、ユネスコに推薦書を提出。同年10月にIUCNが現地調査を行ったが、推薦地の分断などによって希少な動植物の保護が十分でないとして、18年5月に「登録延期」を勧告。19年2月の再推薦を経て、10月にIUCNの再調査が行われた。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク