全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「奄美・沖縄」審査 先送り 世界遺産委延期、IUCN勧告も日程未定 新型コロナ影響

多様な生き物が宿る照葉樹の森。生命の源となる水が巡る=鹿児島県奄美大島

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は14日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、6月から中国で予定していた世界遺産委員会の延期を決めた。委員会で予定していた世界自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の登録審査も先送りとなった。

委員会は6月29日から7月9日にかけて中国・福州で開かれる予定だった。ユネスコはホームページで委員会の延期を発表。今後の日程については検討中で、「できるだけ早く詳しい情報を提供する」としている。

 奄美・沖縄については、登録の鍵を握るユネスコの諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)の勧告が5月ごろに出る見込みだった。勧告は世界遺産委員会開催の6週間前までに出されるが、環境省自然環境計画課は「委員会の日程が決まっていないので、今の段階ではどうなるか分からない」と説明。

 同課の担当者は「例年通り、大型連休ごろに勧告が行われることも想定しながら動いている状況。早期登録を目指す方針に変わりはない。引き続き万全を期して取り組んでいく」と述べた。

 奄美・沖縄を巡っては、政府は2017年2月、ユネスコに推薦書を提出。同年10月にIUCNが現地調査を行ったが、推薦地の分断などによって希少な動植物の保護が十分でないとして、18年5月に「登録延期」を勧告。19年2月の再推薦を経て、10月にIUCNの再調査が行われた。

関連記事

紀伊民報社

ミカン収穫をお手伝い 学生が住民と交流、「地域のファン」に

 温州ミカンの収穫が続く中、和歌山県田辺市上秋津のミカン農家の畑で、県の内外から来る学生らが収穫作業を手伝っている。住民と行動を共にし、地域のファンになる学生もいる。  上秋津地域では毎年、農林...

空港からメリークリスマス JALベルスターが演奏 新千歳

日本航空(JAL)の客室乗務員によるミュージックベルチーム「JALベルスター2023」が11月30日、新千歳空港国内線ターミナルビルのセンタープラザでクリスマスコンサートを開いた。新千歳では9年ぶ...

荘内日報社

市街地に師走告げる音 出羽三山神社 「松の勧進」

 師走の訪れを告げる出羽三山神社(阿部良一宮司)の「松の勧進」が1日、鶴岡市の旧市内で始まった。大みそかから元日にかけて羽黒山頂で行われる勇壮な火祭り「松例祭」=国指定重要無形民俗文化財=の浄財を集...

闇に輝く人工雪 オープンへ着々 上士幌・ぬかびらスキー場

 本格的な冬が到来し、上士幌町のぬかびら源泉郷スキー場では、人工降雪機を使った人工雪作りが行われている。散布された人工雪がゲレンデを白く染め、24日に予定するオープンに向けて急ピッチで整備が進ん...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク