全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本文学をスペイン語訳し12冊 帯広畜大のロメロさん

 帯広畜産大で講師を務めるロメロ・イサミさん(44)がスペイン語に訳した日本文学や小説が、スペインや中米などの国々で販売されている。スペインでは数年前から日本文学ブームになっており、自身も芥川龍之介や太宰治ら文豪のファン。これまで十数冊を翻訳し、日本文学の魅力を伝えている。

これまでに訳し、出版された本は12冊に上る。「武士道や妖怪などを扱ったものがスペイン語圏で人気を集めてますね」とロメロさん

 ロメロさんはメキシコ生まれで、国際政治学が専門。2001年に日本へ移住し、大学で政治学や外交史、スペイン語を教えている。

 日本文学や小説は東京在住時代に電車などの移動時間に読み、「特急ではなく、あえて各駅停車に乗っていた」と振り返る。文豪から近年の小説家まで幅広く読み込み、「芥川、太宰、京極夏彦、伊坂幸太郎、綿矢りさ…ジャンルは問わず読みますね」。

 複数の出版社から依頼を受け、これまでにスペイン語訳で出版した本は12冊に上る。著作権が切れている作品や、出版契約を結んだものを翻訳。最初に出版した「青蛙堂鬼談」(岡本綺堂著)をはじめ、「姑獲鳥の夏」(京極夏彦著)や「夕子ちゃんの近道」(長嶋有著)、妖怪にまつわる多数の作品が収録された「KAIKI」など多岐にわたる。

 13年ごろからスペインは日本文学ブームで、妖怪などのエキゾチックな雰囲気や武士道が伝わる作品が人気という。

 翻訳では「大正や昭和初期の日本語や方言をスペイン語で伝えることが難しい」とし、畜産大の日本近代文学を専門とする柴口順一教授らからアドバイスをもらう。

 今後に向けて「新宿鮫や京極夏彦のシリーズはやってみたい」と意欲を語る。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク