全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本文学をスペイン語訳し12冊 帯広畜大のロメロさん

 帯広畜産大で講師を務めるロメロ・イサミさん(44)がスペイン語に訳した日本文学や小説が、スペインや中米などの国々で販売されている。スペインでは数年前から日本文学ブームになっており、自身も芥川龍之介や太宰治ら文豪のファン。これまで十数冊を翻訳し、日本文学の魅力を伝えている。

これまでに訳し、出版された本は12冊に上る。「武士道や妖怪などを扱ったものがスペイン語圏で人気を集めてますね」とロメロさん

 ロメロさんはメキシコ生まれで、国際政治学が専門。2001年に日本へ移住し、大学で政治学や外交史、スペイン語を教えている。

 日本文学や小説は東京在住時代に電車などの移動時間に読み、「特急ではなく、あえて各駅停車に乗っていた」と振り返る。文豪から近年の小説家まで幅広く読み込み、「芥川、太宰、京極夏彦、伊坂幸太郎、綿矢りさ…ジャンルは問わず読みますね」。

 複数の出版社から依頼を受け、これまでにスペイン語訳で出版した本は12冊に上る。著作権が切れている作品や、出版契約を結んだものを翻訳。最初に出版した「青蛙堂鬼談」(岡本綺堂著)をはじめ、「姑獲鳥の夏」(京極夏彦著)や「夕子ちゃんの近道」(長嶋有著)、妖怪にまつわる多数の作品が収録された「KAIKI」など多岐にわたる。

 13年ごろからスペインは日本文学ブームで、妖怪などのエキゾチックな雰囲気や武士道が伝わる作品が人気という。

 翻訳では「大正や昭和初期の日本語や方言をスペイン語で伝えることが難しい」とし、畜産大の日本近代文学を専門とする柴口順一教授らからアドバイスをもらう。

 今後に向けて「新宿鮫や京極夏彦のシリーズはやってみたい」と意欲を語る。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク