全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本文学をスペイン語訳し12冊 帯広畜大のロメロさん

 帯広畜産大で講師を務めるロメロ・イサミさん(44)がスペイン語に訳した日本文学や小説が、スペインや中米などの国々で販売されている。スペインでは数年前から日本文学ブームになっており、自身も芥川龍之介や太宰治ら文豪のファン。これまで十数冊を翻訳し、日本文学の魅力を伝えている。

これまでに訳し、出版された本は12冊に上る。「武士道や妖怪などを扱ったものがスペイン語圏で人気を集めてますね」とロメロさん

 ロメロさんはメキシコ生まれで、国際政治学が専門。2001年に日本へ移住し、大学で政治学や外交史、スペイン語を教えている。

 日本文学や小説は東京在住時代に電車などの移動時間に読み、「特急ではなく、あえて各駅停車に乗っていた」と振り返る。文豪から近年の小説家まで幅広く読み込み、「芥川、太宰、京極夏彦、伊坂幸太郎、綿矢りさ…ジャンルは問わず読みますね」。

 複数の出版社から依頼を受け、これまでにスペイン語訳で出版した本は12冊に上る。著作権が切れている作品や、出版契約を結んだものを翻訳。最初に出版した「青蛙堂鬼談」(岡本綺堂著)をはじめ、「姑獲鳥の夏」(京極夏彦著)や「夕子ちゃんの近道」(長嶋有著)、妖怪にまつわる多数の作品が収録された「KAIKI」など多岐にわたる。

 13年ごろからスペインは日本文学ブームで、妖怪などのエキゾチックな雰囲気や武士道が伝わる作品が人気という。

 翻訳では「大正や昭和初期の日本語や方言をスペイン語で伝えることが難しい」とし、畜産大の日本近代文学を専門とする柴口順一教授らからアドバイスをもらう。

 今後に向けて「新宿鮫や京極夏彦のシリーズはやってみたい」と意欲を語る。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク