全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

フェルト生地で手作りマスク 辰野町の給食調理員

フェルト生地を手縫いしながらマスク作りに励む給食調理員たち=辰野町民会館

 辰野町の町立小中学校の給食調理員が、新型コロナウイルスの感染拡大による臨時休校の期間を生かして、児童と生徒用のマスクを作っている。入手困難なガーゼや綿の代わりに不織布のフェルト生地を使い、裁断から縫製まですべて手作業でカラフルなマスクを製作。子どもたちの喜ぶ顔を思い浮かべながら、せっせと作業に励んでいる。

 臨時休校で給食を作る本来業務のない調理員約20人の時間対応として、町教育委員会がマスク不足の解消に貢献する作業を考案。個人でマスクを作っている町内の女性の助言を受け、代用生地で注目されるフェルトを安価でまとめて購入し、準備を整えた。

 自分の子どもの面倒を見る人を除き、都合のつくメンバーが辰野町民会館や各校で作業。はさみで生地をマスク型に切った後、立体的になるよう中央と左右を縫い、鼻部分に包装用の針金を入れて完成させる。赤や黄、白など全5種類のカラーが映える。

 目標の製作数は500枚。1枚作るのに30分以上要するが、女性の事前指導を受けた調理員たちは手際よくマスクを仕上げていく。「休校中でもやれることがある。くよくよしていられない」「子どもたちが好きな色を選び、笑顔で着けてくれたら」と話し、明るいムードの中で手を動かしている。

 マスクは、24日の臨時休校明け登校予定日に各校へ配布。自宅にマスクがなかったり、忘れたりした児童、生徒が利用する。

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク