全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

広がる支援の輪 鶴岡

 新型コロナウイルス感染症の影響で深刻な打撃を受けている地元の飲食店を支援しようと、飲食店が手掛ける弁当を昼食時に購入する動きが庄内地域で広がってきている。職場単位で注文したり、従業員の弁当購入費を助成する企業もあり、地域で協力して応援する運動が展開されている。

鶴岡市役所の職員有志が始めた「食べて応援運動」で昼食が配達された=15日

 感染拡大の影響が長引く中、従来は実施していなかった弁当のテークアウト(持ち帰り)やデリバリー(配達)事業に新たに参入する飲食店が増えている。

 庄内地域の情報発信なども手掛ける、総合まちづくり会社ヤマガタデザイン(鶴岡市)は、同社のホームページ「ショウナイズカン」上に、新たに「庄内お弁当図鑑」の特設ページを開設した。地域の飲食店を応援するため、賛同する飲食店の情報を集め、テークアウト・デリバリーが可能なメニューを掲載している。同社はホームページで「普段から利用しているお店の人たちが困っていることは、『食の都 庄内』にとって最大のリスクと考えている。私たち企業市民で地域の飲食店を支えるため、ページを立ち上げた。一緒に地域を盛り上げていこう」と呼び掛ける。同社は、社員が地域内のテークアウトやデリバリーを利用した際、1人当たり月1万円を補助する福利厚生制度も新設した。

 こうした動きに協賛しようと、鶴岡信用金庫が全職員を対象に4、5月に5000円ずつ補助する「テークアウト手当」の支給を決めた。庄内では他にも同様の補助を行う企業が出始めている。

 一方、鶴岡市役所では、職員有志による「食べて応援運動」が14日からスタートした。昼の時間帯に市役所まで配達可能な店舗の情報を集めて職員に周知し、店舗が偏らないように配慮しながら、まとめて注文する。当面は、食文化推進に関わる企画部と商工観光部の有志で始め、他の部署や各地域庁舎にも広げていく予定。運動を呼び掛けた職員の一人は「職員の協力で、できるところから応援していきたい。毎日とはいかないまでも部署単位で店を変えていくなど運動を広めていきたい」と話している。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク