全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

トライアスロン11月に延期 徳之島 8月に開催最終判断

総合、リレー両部門に569人が出場した前回のトライアスロンIN徳之島大会=2019年6月

 トライアスロンIN徳之島大会(同実行委員会主催)の総会が13日、鹿児島県天城町役場であった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7月5日に予定していた第33回大会を11月15日に延期することを承認。8月21日までに開催是非を最終判断することを確認した。

 大会は島内3町で組織する実行委員会が主催。総会には行政、警察、消防など関係者約60人が出席した。

 大会事務局の天城町商工水産観光課は、東京五輪・パラリンピックの延期や宮古島、石垣島でのトライアスロン大会の中止などの状況を報告。新型コロナが収束する見通しがなく、「7月の開催はエントリーした選手や大会関係者、島民の感染防止対策が困難で安全・安心な大会運営ができない。しかし、徳之島の活性化という大会趣旨を踏まえ、現時点で中止は考えていない」と延期理由を説明した。

 約4カ月の延期については、今年県内で開催される第75回国民体育大会(愛称「燃ゆる感動かごしま国体」)トライアスロン競技のリハーサル大会を昨年11月17日に開催した実績や徳之島3町の行事予定などを考慮した。エントリー期間を7月末まで延長し、各町のホームページや防災行政無線で大会延期を周知する。例年トライアスロン大会の前日に行われるKIDS大会は、日程を調整して実施する。

 開催の最終判断は、国内の感染状況などを踏まえ、森田弘光大会長や実行委の各専門部長などで決める。大会中止となった場合、参加料は全額返金する。

 出席者からは「各種イベントが自粛や中止となる中、延期の方針は住民の理解を得られるか」「もっと早い時期に開催の最終判断をすべき」などの意見があり、森田大会長は「住民に丁寧な説明をするとともに、開催判断については情報を収集して選手らに金銭的に新たな負担がないように配慮したい」と述べた。

 実行委によると、4月12日現在の参加申し込み者数は266人。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク