全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「世界に通用する選手を」 白幡新監督迎え初練習 帯広南商業高スケート部

白幡圭史新監督(左)の手本に見入る帯南商高スケート部員たち

 冬季五輪で活躍した白幡圭史さん(46)を新監督に迎えた帯南商高スケート部が13日、今年度の初練習を行った。部員11人が参加し、白幡監督のアドバイスを受けながら基礎的な筋力トレーニングに励んだ。

 白幡監督は、2002年のソルトレークシティー五輪(米国)1万メートルで4位入賞を果たすなど長距離選手として3大会の五輪に出場した。五輪4位は現在も日本勢長距離男子最高位。日本スケート連盟強化委員として、高木美帆(25)=日体大職-日体大、帯南商高出=をジュニア時代に指導したことも。今年度から社会科教員として初めて同高で教壇に立っている。

 新型コロナウイルスの感染予防として、部員の間隔を空けるため二つのトレーニング室と廊下を使って、固定された自転車を約30分間こいだ後に、筋力トレーニングを行った。

 部員たちは白幡監督の手本を見た後、複数のメニューを行った。バーベルのシャフト挙げでは「腕で挙げるのではなく、肩甲骨を締める感じで」などの助言を受けながら汗を流した。唯一の3年生部員は「今まで下半身に負荷が掛かったメニューが中心だったが、きょうは上半身を使った練習が多かった」と驚き、「栄養やストレッチなどのリカバリーの面も学びたい」と意欲を見せた。白幡監督は「素直で明るい子が多い。基礎をおろそかにせず、けじめのあるチームを目指す。現役生活の長い、世界に通用する選手を育てたい」と笑顔で話した。

関連記事

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク