全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

高齢者福祉施設 受け入れに戸惑いの声 感染経路が分からず心配 

 新型コロナウイルス感染者2人が市内で確認されたことを受け、高齢者福祉施設では「14日から利用者の受け入れをどうするべきか」と戸惑いの声が上がった。感染経路や患者の行動歴が明らかにされてないため「利用者やその関係者が感染者といつどこで接触したかも分からない」と嘆く。基本的に事業所は開所するが、通所介護サービスを控える利用者も出ている。

 あかゆらデイサービスセンター(當山房子代表取締役)には小規模と通所サービスに約40人が通う。一報を知った當山代表は利用者家族に電話で状況を報告。利用者の自宅介護に理解を示す家族もいる。プライバシー保護の観点から情報が開示されていないことに不安を募らせ「誰と接触したのか分からない。せめて字だけでも公表してくれれば、集団感染のリスクも軽減できると思う。施設内では席を離して対応する」と落ち着いた様子で話した。

 まえさと茶寿苑(半嶺当永施設長)では、通所サービスに関して▽利用者の送迎前の検温▽手指アルコール消毒▽利用者や家族が2週間以内に島外へ渡航しているか▽利用者家族の発熱|など利用条件を設定。該当項目があれば利用を控えさせている。

 従業員の感染予防管理も徹底し施設内にウイルスを持ち込まないよう万全を期す。

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク