全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

春の交通安全運動 なくそう飲酒運転

田辺署が設置した目撃情報を募る看板。軽トラックはこの付近から国道42号を白浜方面に逆走していたとみられる(田辺市下万呂で)

 和歌山県内で飲酒運転による交通事故や逮捕事案が後を絶たない。春の全国交通安全運動の期間中(6~15日)、県警は飲酒運転の撲滅などに重点を置いて注意を促している。

 「軽トラックが国道を逆走している」。3月17日深夜、田辺市下万呂の国道42号で、通行人から110番通報があった。
 田辺署員が駆け付けたところ、軽トラックは同市新庄町にある田鶴交差点の高架橋上で対向車と正面衝突していた。運転していた白浜町の男性(64)の呼気からは、基準値を超えるアルコールを検出。男性は市内の飲食店で酒を飲み、帰宅途中だったという。
 県警によると、県内では2019年、死亡事故に占める飲酒運転の割合は11・5%と前年より増えた。17年は17・1%で全国最悪を記録。飲酒運転の撲滅に取り組み、18年は7・7%にまで改善していた。
 飲酒しての運転は、周囲の状況を的確に把握することが難しくなり、正常な判断や操作を妨げる。田辺市の逆走事故も、男性は普段から通り慣れた道だったが、3キロ以上も逆走を続けていた。男性は調べに対し「酒に酔った影響としか考えられない」と話したという。
 田辺署管内では今年に入り、これ以外に、3月末までで10件の酒気帯び運転を送検。昨年よりも微増している。同署の大江澄享交通課長(40)は「いまだに飲酒運転に対するモラルが低い人が多いと感じる。昨年は県内の飲酒運転による死亡事故のうち2件が管内で発生した。今後も啓発と取り締まりを継続したい」と力を込める。また、飲酒運転をしている人を見掛けた場合は、迷わず110番通報するよう求めている。

関連記事

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

黄金畑に堂々コンバイン 小麦 芽室で早くも収穫開始

 秋まき小麦の収穫が十勝管内で始まっている。今期は春以降、好天に恵まれて全域的に生育が順調。農業者からは「昨年よりさらに早い作業開始」との声も聞かれ、14日も、黄金色に輝く小麦畑をコンバインが...

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク