全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

さっそうと飛ぶタカ

「小哲くん」を呼び寄せる浪崎さん=岩崎学園グラウンドで

 バードカフェを昨年9月に豊橋市三ノ輪町にオープンした浪崎栄恵さんが、同市岩崎町の社会福祉施設「岩崎学園」グラウンドでタカにひもを付けずに飛ばすフリーフライトを行った。参加者は、さっそうと宙を滑空するタカを間近で見学した。 猛きん類などの鳥と触れ合えるバードカフェ「小哲の部屋」の浪崎さんに、来店者から「飛んでいる姿も見たい」と要望があり、今月13日、同学園が協力して実現した。  この日は、鳥愛好家や住民の22人と学園の児童、職員らが集まり、浪崎さんらがタカ科のハリーホーク「小哲くん」のフリーフライトを披露。晴天の空に飛び立った小哲くんは、浪崎さんが餌合子(えごし)と呼ばれる餌箱をカンカンと鳴らすと、浪崎さんの左腕に戻ってくる。大きく翼を広げて目の前を通過する小哲くんに、参加者は少し驚きながらも感嘆の声を上げた。腕に小哲くんを乗せて写真を撮ったり、短距離でのフリーフライトを実際に体験したりすることもできた。  「迫力があって楽しかった」と浜松市北区三ケ日町から参加した20代の姉妹。ふくろうカフェや鳥のテーマパーク「掛川花鳥園」などにもよく行き、「鳥は見ていて楽しいし、かわいくて癒やされる」と話した。  豊橋市春日町から参加した女性(70)も鳥好きで、「タカの精悍(かん)な姿はすてき。こんな間近で飛んでいるのを見られたのはうれしい」と言い、「機会があればまた見に来たい」と話した。  グラウンドを提供した岩崎学園の松下直弘園長は「面白いイベントだし、これを通して住民が障害のある子どもたちと触れ合うきっかけにもなれば」と浪崎さんに協力したという。  大勢の前でのフリーフライトを見せるのは初めてだった小哲くんに「しっかり飛んでくれて良かった」と浪崎さん。「機会があればまた開催したい」と話した。

関連記事

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

一面のジャガイモ たっぷり袋詰めに JAひろお感謝祭

 JAひろお(萬亀山正信組合長)の感謝祭が14日、「Aコープサンタ村」(町紋別18)で開かれた。  会場では、町内の農家で作った取れたて野菜、広尾産黒毛和牛のカットステーキ、ゆでたてトウモロコ...

「なつぞら」小道具も よつ葉ミルクフェスタ 音更

 「よつ葉ミルクフェスタ2019」が14日、音更町内のよつ葉乳業十勝主管工場で開かれた。同社の生乳を使ったソフトクリームや乳製品、牛肉製品などを多数販売、十勝の農民乳業設立シーンが物語に登場する...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク