全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

幸楽苑 ご当地企画トップバッターに 丸山市長「おぼげだー」PR

 ラーメン店「幸楽苑」を全国展開する「幸楽苑ホールディングス」(HD、本社・福島県郡山市)は、ご当地ラーメン企画の第1弾として酒田市の「酒田のラーメン」を取り上げ、9日から全国の約430店で販売を開始した。酒田市は各店舗のテーブルに張るキャンペーンシールに市の観光情報サイトにつながるQRコードを掲載してもらうなど、同社と連携して酒田の魅力を発信している。

 酒田のラーメンはトビウオなど魚介系のだしを中心にした透明感あるしょうゆ味のスープに、縮れ麺を組み合わせたのが特徴。薄皮のフワッ、トロッとしたワンタンを入れたワンタンメンを出す店も多い。

キャンペーンがスタート=幸楽苑HDホームページより

 市交流観光課によると、幸楽苑HDの関係者が酒田を訪れた際、地元のラーメンの味に感動し、「ご当地ラーメン企画」の第1弾に取り上げることになった。

 メニュー開発に当たっては、同市内のラーメン店でつくる「酒田のラーメンを考える会」(会長・齋藤直満月代表)が監修。麺の原料の小麦やワンタン、スープの作り方などを指導した。また、昨年に連携して好評だったという平田牧場(本社・酒田市)の「平田牧場三元豚」を使ったチャーシューを組み合わせるなど、ご当地の地域活性化につながる食材活用も考慮した。

 完成したメニューは「酒田のふわとろワンタンメン」。9日から7月8日(水)まで3カ月間、全国の433店(今月1日現在)で発売される。極薄ワンタンと魚介のうま味を前面に出し、「スープ、麺、ワンタンの三位一体の最上級の食感と深い味わい」(同社リリース)が特長という。価格は740円(税込み)。

 市ではシティープロモーションの一環で連携。各店舗のテーブルシールに、同市の観光情報サイト「酒田さんぽ」につながるQRコードを掲載してもらった。また、「大のラーメン好き」を自認する丸山至市長が同社ホームページのキャンペーンサイトなどで「おぼげだ(驚いた)うまさ!」と顔写真入りで酒田のラーメンをアピールしている。

 市交流観光課では「全国で酒田のラーメンを食べてもらえるのは、酒田の魅力を発信し、認知度を高めることにつながり、うれしい。新型コロナウイルスの問題が落ち着いたら、ぜひ本場のものを味わいに、酒田に来てほしい」としている。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク