全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

新型コロナ禍の中で奮闘する飲食店

テークアウト商品を手渡す二代目一心の中垰さん(東琴芝1丁目で)

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、大都市を中心に夜の街への外出自粛が叫ばれており、居酒屋、接客を伴う飲食店などは大きな打撃を受けている。宇部も例外ではなく、飲食業界の売り上げは落ち込んでおり、厳しい状況を打開しようと店舗はあの手この手を模索している。    東琴芝1丁目の二代目一心(いっしん)は、4人掛けの座敷席が2組とカウンター4席の小さな居酒屋。ランチと夜の部の二本立てで営業している。開店から半年、常連客も増えてきたところにコロナの影響が襲った。    ランチと夜では利用者が異なり、年齢層が高めだったランチのほうが影響は大きかった。その対策として当初から行ってきたテークアウトに今は力を入れる。店では食べられない分、持ち帰って食べたいという常連が多いという。    3月に入ってから貸し切りはできないかという相談もあり、来店者が健康管理をきちんとしていることを前提に、少人数での貸し切り営業も考えている。客がいない時間を連絡してという声もある。    共同経営者の中垰(なかたお)二郎さん(35)と西野寛さん(32)は「致命的なダメージを受けていないのは、常連さまのおかげ。要望にできるだけ応える営業をしていきたい」と話す。    中央町3丁目のお肉バルUNI(うに)では、2月後半から小グループの宴会がすべてキャンセルになるなど、大きな影響を受けた。オーナーの飯塚隆博さん(36)は、この逆境を前向きに捉えて終息した時にプラスにできるよう、さまざまな試みを始めた。    17年の開店当初から行っているテークアウトを広く告知するとともに、出前も新たなサービスとしてスタート。今後はオリジナルハンバーグを売り出すことも計画している。また、時間ができたことからSNSでの発信にも力を入れた。    出前は予想以上に好調でテークアウトも飛び込みで入ってきたりと、当初の想定よりも動きがあった。飯塚さんは「コロナが収まった時にどんな効果が出るか楽しみ。人気店はどんな時でも混む。今の苦しい状況を乗り越えて、そのようなお店を目指していく」と意気込みを示す。    宇部観光料飲組合の明徳親典組合長は、業界内で今できることは何かを考え、知恵を出し合い協力することを呼び掛けている。「飲食は街の活力。苦しい時だからこそ、収まった時にお客さまに戻ってもらえる努力、店づくりが必要」と訴える。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク