全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

感染のりこえよう 茅野市HPに「新型コロナの説明書」掲載

市ホームページで掲載している「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書」

長野県茅野市は、新型コロナウイルスの特徴などがまとめられた「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書」を市ホームページ(HP)に掲載している。諏訪中央病院(同市)の総合診療科、玉井道裕医師(35)が手書きの文字とイラストで作成した労作。市地域戦略課は「分かりやすくまとめられているので行動の参考にしてほしい」としている。

玉井医師は臨床の現場で学んだことをブログなどで発信しており、新型コロナに関しても2月下旬から仕事の合間に書き続けている。市は、医師がまとめた説明書がフェイスブックなどで話題になっていることを知り、感染予防へより多くの人に伝えたいと広く周知することにした。

説明書は「コロナを正しく怖がる」「かぜとコロナの違いは何?」「もらう心配よりも、うつす心配」など18項目にわたりまとめられている。新型コロナ感染の特徴について「最初はほんとにただのかぜ。特徴は長引くこと」などと紹介。感染の有無を相談するタイミングに関しては「呼吸が苦しい、すごくだるいといった症状があれば、早めに相談して」としている。

玉井医師は「感染症の終息へ自分に何ができるかもどかしく感じている人もいると思う。正しい情報を知り、自分にできる感染予防を実践してもらえれば」と話している。

市HPでは最近仕上がった続編も掲載している。フェイスブックの市公式アカウントでも見ることができる。

市は説明書を印刷し、市役所や市役所ベルビア店、各地区コミュニティセンターなどに置く予定。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク