全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

感染のりこえよう 茅野市HPに「新型コロナの説明書」掲載

市ホームページで掲載している「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書」

長野県茅野市は、新型コロナウイルスの特徴などがまとめられた「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書」を市ホームページ(HP)に掲載している。諏訪中央病院(同市)の総合診療科、玉井道裕医師(35)が手書きの文字とイラストで作成した労作。市地域戦略課は「分かりやすくまとめられているので行動の参考にしてほしい」としている。

玉井医師は臨床の現場で学んだことをブログなどで発信しており、新型コロナに関しても2月下旬から仕事の合間に書き続けている。市は、医師がまとめた説明書がフェイスブックなどで話題になっていることを知り、感染予防へより多くの人に伝えたいと広く周知することにした。

説明書は「コロナを正しく怖がる」「かぜとコロナの違いは何?」「もらう心配よりも、うつす心配」など18項目にわたりまとめられている。新型コロナ感染の特徴について「最初はほんとにただのかぜ。特徴は長引くこと」などと紹介。感染の有無を相談するタイミングに関しては「呼吸が苦しい、すごくだるいといった症状があれば、早めに相談して」としている。

玉井医師は「感染症の終息へ自分に何ができるかもどかしく感じている人もいると思う。正しい情報を知り、自分にできる感染予防を実践してもらえれば」と話している。

市HPでは最近仕上がった続編も掲載している。フェイスブックの市公式アカウントでも見ることができる。

市は説明書を印刷し、市役所や市役所ベルビア店、各地区コミュニティセンターなどに置く予定。

関連記事

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク