全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

感染のりこえよう 茅野市HPに「新型コロナの説明書」掲載

市ホームページで掲載している「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書」

長野県茅野市は、新型コロナウイルスの特徴などがまとめられた「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書」を市ホームページ(HP)に掲載している。諏訪中央病院(同市)の総合診療科、玉井道裕医師(35)が手書きの文字とイラストで作成した労作。市地域戦略課は「分かりやすくまとめられているので行動の参考にしてほしい」としている。

玉井医師は臨床の現場で学んだことをブログなどで発信しており、新型コロナに関しても2月下旬から仕事の合間に書き続けている。市は、医師がまとめた説明書がフェイスブックなどで話題になっていることを知り、感染予防へより多くの人に伝えたいと広く周知することにした。

説明書は「コロナを正しく怖がる」「かぜとコロナの違いは何?」「もらう心配よりも、うつす心配」など18項目にわたりまとめられている。新型コロナ感染の特徴について「最初はほんとにただのかぜ。特徴は長引くこと」などと紹介。感染の有無を相談するタイミングに関しては「呼吸が苦しい、すごくだるいといった症状があれば、早めに相談して」としている。

玉井医師は「感染症の終息へ自分に何ができるかもどかしく感じている人もいると思う。正しい情報を知り、自分にできる感染予防を実践してもらえれば」と話している。

市HPでは最近仕上がった続編も掲載している。フェイスブックの市公式アカウントでも見ることができる。

市は説明書を印刷し、市役所や市役所ベルビア店、各地区コミュニティセンターなどに置く予定。

関連記事

ドイツ鉄道街並み再現 池田の君島さん 帯広児童会館で

 帯広市児童会館で8日、「鉄道模型の世界~ドイツ鉄道とクリスマス展」が始まった。池田町の元町職員君島利彦さん(64)が制作したドイツの街並みのジオラマと鉄道模型が並べられ、老若男女の注目を集め...

宇部日報社

ゆうれい寿司PRに市職員ら有志の〝ゆうれいシスターズ〟【宇部】

 宇部市吉部地区に伝わる郷土料理「ゆうれい寿司(ずし)」。名前もユニークな古里の味を全国に発信しようと、幽霊に扮(ふん)した宣伝隊〝ゆうれいシスターズ〟が販促イベントで活躍している。「怖いけど...

荘内日報社

東京米スター最高金賞 若手生産者グループ 鶴岡ファーマーズ 鶴岡の資源循環の..

 東京都内の米屋が審査員となって全国から寄せられたブランド米を審査する「東京米スターセレクションKIWAMIコンテスト2023」で、鶴岡市内の若手農家でつくる鶴岡ファーマーズ(石塚寛一代表)が出品した...

長野日報社

中ア3山荘の改修着手へ 基金積み立ても 長野県宮田村

 長野県宮田村は老朽化が進む中央アルプス宮田地籍内で営業する宝剣・頂上・天狗の3山荘の改修工事を2024年度から着手する。特に緊急性の高い宝剣・頂上を優先。また将来的な3山荘の大改修を視野に、2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク