全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

MOMO5号機 打ち上げへリハーサル IST・大樹

射場でMOMO5号機の立ち上げ作業を行うIST社員

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は7日夜から8日早朝にかけて、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」5号機の打ち上げに向けたリハーサルを行った。5号機は昨年末から今年初めにかけて、初の冬期打ち上げを予定していたが、機体の不具合のため延期していた。ISTは「なるべく早い時期に打ち上げたい」と改めて準備を進めている。

 5号機は機体に搭載した通信系の電子機器に不具合が発生。寒さなどの影響があったため、設計変更や電子基板の交換などを行い、対策を図った。

 今回はエンジンへの着火直前までの流れを本番さながらに確認する「フルドレスリハーサル」を実施。7日午後9時ごろに社員約30人が実験場に集まり、機体を格納庫から出して射場に立ち上げ、推進剤のエタノールと液体酸素を実際に充填(じゅうてん)した。8日午前5時15分を打ち上げ時間として設定し、カウントダウンまでの作業の流れや機体の状態などを確認した。

 稲川社長は「大きなトラブルはなく、変更した電子部品の動作も確認でき、打ち上げに向けて大きく前進した。再びリハーサルを行った後、打ち上げ日程を固めたい」と話し、昨年5月の3号機に続く宇宙空間到達を目指す。

 5号機には年末年始の打ち上げ計画時と同様、高知工科大の観測機器や航法センサー、コーヒー豆などを搭載。打ち上げ時の炎で菓子を焼き上げる試みも行う。

関連記事

ネオワイズ彗星を初撮影 石垣島天文台 堀内研究員が雲間から捉える

 石垣島天文台は7日、ネオワイズ彗星(すいせい)の撮影に成功した。同彗星は2020年3月27日、NASAの赤外線天文衛星NEOWISE(ネオワイズ)によって発見された彗星。7月頃、明け方の空で明るく...

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク