全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

シマエナガさん、文房具に【釧路】

 

「シマエナガさん」シリーズの鉛筆と消しゴムが新発売

山一佐藤紙店(釧路市北大通8、佐藤公一郎社長)はこの春、北海道に生息する小鳥で、野鳥愛好家に人気のシマエナガをモチーフにした文房具「シマエナガさん」シリーズの新作を商品化した。第3弾の鉛筆、第4弾の消しゴムを同時発売。新学期、新年度を迎えた学校、職場に癒やしを届ける。

 「シマエナガさん」シリーズは、地元作家の協力を得て2019年3月、釧路をはじめ、全道各地で観察できるスズメ目エナガ科の野鳥シマエナガを描いたボールペンを発売したのが始まり。「釧路でかわいい野鳥が見られることを発信したい」という狙いは的中し同6月には、第2弾としてマスキングテープの販売を開始した。

 今回も釧路在住の作家が創作。作画は第1弾から携わる平面造形作家の阿部啓明さん、写真は初登場の自然写真家の山本光一さんが担当した。第3弾の鉛筆は、さわやかな青地に「雪の妖精」の愛称にふさわしいシマエナガを描画。第4弾の消しゴムでは、5羽のシマエナガが表情豊かに並んでいる。

 第1弾のボールペン発売から1年が経過した「シマエナガさん」シリーズだが、日用品としてのみならず、釧路土産としても重宝されている。札幌の文具専門店からも繰り返し注文があるなど、好評を博す。佐藤社長は「シマエナガは春採湖でも見られて、市民にとっても親しみやすい小鳥。シマエナガと一緒に新生活をスタートさせては」とPRしている。鉛筆は3本セット480円(税別)、消しゴムは1個180円(同)。問い合わせは、0154(22)1311へ。

関連記事

ネオワイズ彗星を初撮影 石垣島天文台 堀内研究員が雲間から捉える

 石垣島天文台は7日、ネオワイズ彗星(すいせい)の撮影に成功した。同彗星は2020年3月27日、NASAの赤外線天文衛星NEOWISE(ネオワイズ)によって発見された彗星。7月頃、明け方の空で明るく...

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク