全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

シマエナガさん、文房具に【釧路】

 

「シマエナガさん」シリーズの鉛筆と消しゴムが新発売

山一佐藤紙店(釧路市北大通8、佐藤公一郎社長)はこの春、北海道に生息する小鳥で、野鳥愛好家に人気のシマエナガをモチーフにした文房具「シマエナガさん」シリーズの新作を商品化した。第3弾の鉛筆、第4弾の消しゴムを同時発売。新学期、新年度を迎えた学校、職場に癒やしを届ける。

 「シマエナガさん」シリーズは、地元作家の協力を得て2019年3月、釧路をはじめ、全道各地で観察できるスズメ目エナガ科の野鳥シマエナガを描いたボールペンを発売したのが始まり。「釧路でかわいい野鳥が見られることを発信したい」という狙いは的中し同6月には、第2弾としてマスキングテープの販売を開始した。

 今回も釧路在住の作家が創作。作画は第1弾から携わる平面造形作家の阿部啓明さん、写真は初登場の自然写真家の山本光一さんが担当した。第3弾の鉛筆は、さわやかな青地に「雪の妖精」の愛称にふさわしいシマエナガを描画。第4弾の消しゴムでは、5羽のシマエナガが表情豊かに並んでいる。

 第1弾のボールペン発売から1年が経過した「シマエナガさん」シリーズだが、日用品としてのみならず、釧路土産としても重宝されている。札幌の文具専門店からも繰り返し注文があるなど、好評を博す。佐藤社長は「シマエナガは春採湖でも見られて、市民にとっても親しみやすい小鳥。シマエナガと一緒に新生活をスタートさせては」とPRしている。鉛筆は3本セット480円(税別)、消しゴムは1個180円(同)。問い合わせは、0154(22)1311へ。

関連記事

100年前に思いはせる 賢治ウオークに20人 苫小牧

詩人、童話作家宮沢賢治の来苫から21日で丸100年を迎えるのを前に18日、賢治が苫小牧で歩いた道をたどる「百年目の賢治ウオーク」が行われた。市民ら20人が参加。初夏の日差しが降り注ぐ中、当時の情景...

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク