全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

シマエナガさん、文房具に【釧路】

 

「シマエナガさん」シリーズの鉛筆と消しゴムが新発売

山一佐藤紙店(釧路市北大通8、佐藤公一郎社長)はこの春、北海道に生息する小鳥で、野鳥愛好家に人気のシマエナガをモチーフにした文房具「シマエナガさん」シリーズの新作を商品化した。第3弾の鉛筆、第4弾の消しゴムを同時発売。新学期、新年度を迎えた学校、職場に癒やしを届ける。

 「シマエナガさん」シリーズは、地元作家の協力を得て2019年3月、釧路をはじめ、全道各地で観察できるスズメ目エナガ科の野鳥シマエナガを描いたボールペンを発売したのが始まり。「釧路でかわいい野鳥が見られることを発信したい」という狙いは的中し同6月には、第2弾としてマスキングテープの販売を開始した。

 今回も釧路在住の作家が創作。作画は第1弾から携わる平面造形作家の阿部啓明さん、写真は初登場の自然写真家の山本光一さんが担当した。第3弾の鉛筆は、さわやかな青地に「雪の妖精」の愛称にふさわしいシマエナガを描画。第4弾の消しゴムでは、5羽のシマエナガが表情豊かに並んでいる。

 第1弾のボールペン発売から1年が経過した「シマエナガさん」シリーズだが、日用品としてのみならず、釧路土産としても重宝されている。札幌の文具専門店からも繰り返し注文があるなど、好評を博す。佐藤社長は「シマエナガは春採湖でも見られて、市民にとっても親しみやすい小鳥。シマエナガと一緒に新生活をスタートさせては」とPRしている。鉛筆は3本セット480円(税別)、消しゴムは1個180円(同)。問い合わせは、0154(22)1311へ。

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク