全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

9日から定期便減便 石垣島周辺離島 各島民らに理解求める

石垣島周辺離島に定期便を運航させる船会社は、9日から減便を決めた=7日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

 石垣島周辺離島を船で結ぶ定期便が、9日から減便になる。7日午後、沖縄総合事務局の許可が下り、決まった。1日当たりの運航(片道)は各航路別で1~4便に減らす。期間は現時点で未定。㈲安栄観光、八重山観光フェリー㈱の2社は、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う緊急事態宣言を受け、「竹富町内にウイルスを持ち込ませないための措置」として各島民や利用客に理解を求めている。

 航路別で4便は竹富、小浜、西表上原、同大原、同3便は黒島、波照間、同1便は鳩間。削られる便はこれまでの初便や最終便など。原則、午前と午後にそれぞれ運航させる。生活航路として国から補助を受け運航を続ける波照間便は、1日2便に減らす可能性もある。

 減便によって船会社が走らせる西表島内のバス巡回も減る。

 また、各島を巡る観光コースは8日から全面的に休止。貨物船は現時点で通常運航を予定している。  併せて、安栄観光はこれまで午前6~午後8時だった業務時間を午前7~午後7時に短縮、八重山観光フェリーも短縮を検討中。

 減便の判断は、乗船客数の低下も一因にあるほか、竹富町から町内で感染症が流行すると十分な医療提供が行えず「甚大な被害につながる可能性がある」と、事態が収束するまで運航の一部を停止するよう要請を受けていた。

 竹富町公民館連絡協議会の金武清也会長=波照間=は「島の経済は大変だが、大勢の人が来島すると怖い。離島は感染症専門の施設もないので、絶対に発生させてはいけない」と理解を示した。

関連記事

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

長野日報社

「八幡屋礒五郎」と契約しトウガラシ栽培 シカ食害遭いにくく 長野県下諏訪町

長野県の下諏訪町農業技術者連絡協議会(農技連)は、トウガラシの製造・販売業「八幡屋礒五郎」(長野市)と契約を交わし、今年度から町内で新たにトウガラシの栽培に取り組む。17日は町内赤砂の畑で苗の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク