全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

9日から定期便減便 石垣島周辺離島 各島民らに理解求める

石垣島周辺離島に定期便を運航させる船会社は、9日から減便を決めた=7日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

 石垣島周辺離島を船で結ぶ定期便が、9日から減便になる。7日午後、沖縄総合事務局の許可が下り、決まった。1日当たりの運航(片道)は各航路別で1~4便に減らす。期間は現時点で未定。㈲安栄観光、八重山観光フェリー㈱の2社は、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う緊急事態宣言を受け、「竹富町内にウイルスを持ち込ませないための措置」として各島民や利用客に理解を求めている。

 航路別で4便は竹富、小浜、西表上原、同大原、同3便は黒島、波照間、同1便は鳩間。削られる便はこれまでの初便や最終便など。原則、午前と午後にそれぞれ運航させる。生活航路として国から補助を受け運航を続ける波照間便は、1日2便に減らす可能性もある。

 減便によって船会社が走らせる西表島内のバス巡回も減る。

 また、各島を巡る観光コースは8日から全面的に休止。貨物船は現時点で通常運航を予定している。  併せて、安栄観光はこれまで午前6~午後8時だった業務時間を午前7~午後7時に短縮、八重山観光フェリーも短縮を検討中。

 減便の判断は、乗船客数の低下も一因にあるほか、竹富町から町内で感染症が流行すると十分な医療提供が行えず「甚大な被害につながる可能性がある」と、事態が収束するまで運航の一部を停止するよう要請を受けていた。

 竹富町公民館連絡協議会の金武清也会長=波照間=は「島の経済は大変だが、大勢の人が来島すると怖い。離島は感染症専門の施設もないので、絶対に発生させてはいけない」と理解を示した。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク