全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

コロナに負けず入学式【釧路】

 

緊張した面持ちで入場する入学生(6日、朝陽小学校)

釧路市内の市立小学校で6日、入学式が行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4校では分散形式としたほか、出席者は新1年生と教職員、保護者に限定してマスクを着用、時間も短縮して実施した。異例の式となったが、1037人が期待を胸に学校生活をスタートさせた。この日から全児童の登校も再開となり、各学校は約40日ぶりに活気にあふれていた。

 このうち20人が入学した朝陽小学校(工藤浩司校長)では、スペースを広く使うために椅子はステージから見て横向きに間隔を開けて配置。新入児と保護者が向かい合って座る形にした。在校生や来賓の出席は取りやめとし、内容もPTA会長の祝辞を掲示のみにするなど簡略化した。  式では工藤校長が「しっかりあいさつができる小学生になってほしい。交通安全にも気を付けて、毎日元気いっぱい学校に通って」と呼び掛けた。在校生で唯一出席した児童会長の藤井愛花さん(6年)は「分からないことがあったら気軽に声を掛けて」と歓迎の言葉を述べた。

 新入児は保護者らの拍手を受けながら緊張した表情で入場し、式の最中は席にじっと座って大人たちの話に耳を傾けていた。古川楓眞君(6)は「学校では勉強を頑張って、友達をたくさんつくりたい」とにっこり。父親の慎吾さん(31)は「後ろ姿より顔を見られたので、この形で逆に良かった」と話していた。

 また、始業式の実施は学校によって対応が分かれたものの、在校生にとっては2月26日以来の一斉登校。児童たちは教室で友達との再会を喜びながら、新学期をスタートさせた。  市教委は、学校での感染に不安を感じて保護者が子供を休ませた場合、「校長が出席しなくてもよいと認めた日」として扱うとの通知を各校に出している。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク