全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

保護者、休校を不安視 「2週間どう過ごせば…」 新型コロナで学校は行事延期に

 八重山3市町で5日、公立小中学校などの2週間(与那国町は7日間)の休校が決まったのを受け、学校現場では6日、行事を延期するなど事務作業に追われた。子どもの始業式・入学式が延期となった保護者からは「この2週間どう過ごしたらいいのか」と先行きを不安視する声が広がっている。

 500人以上の児童が通う市内の大規模小学校では、石垣市が2週間休校を発表後、教職員が電話で約400世帯の保護者に通知。この日は、今後の行事対応などを確認した。

 同校によると4月予定の家庭訪問は5月に延期、新1年生を迎える会も密集を避けるため先送りした。5月にはPTA総会と授業参観も控えるが、授業参観の中止が決まった。

 同校教頭は保護者や児童に対し「不要不急の外出を避けてほしい」と述べた上で、石垣市教育委員会が募集する学習会を紹介。「家庭に子どもの面倒を見られる人がいない場合、申請して学習会に参加を」と求めた。市教委によると、休校分の授業振り替え方法は現時点で決定していない。

 6日午前、真栄里公園では多くの親子連れの姿が見られ、子どもたちは遊具で遊ぶなどリフレッシュしていた。

 小学2年生(7)の子を持つ30代女性=大川=は「ついに来たかと思った」と休校決定を振り返り、「医療崩壊すると大変なので休校は仕方ない。一気に広がるよりはいい」と市の判断を評価する。

 ただ、気になるのは2週間の過ごし方。「極力、家にこもる予定だが、どう過ごしたらいいのか。子どももずっと家にいるのは無理だ」と不安視した。  新小学1年生の女児(6)の保護者の30代女性=平得=は「なるべく外出したくないが、子どものことを考えると外出しないといけない」と複雑な心境を語り、「観光客はなるべく来てほしくない。絶対に石垣島でも(感染者が)出ると思っている」と訴えた。

 9歳と7歳の子どもを持つ母親は「仕方ないと思うが子どもの行き場がなくストレスも心配。祖父母もいないので毎日2人で留守番させるのも気になる。あしたからどうしよう」と不安をもらす。  幼稚園職員の1人は「ゆっくりいろんな準備ができるが、楽しみにしていた子どもたちがかわいそう。保護者もあすに合わせ準備してきたと思う」と心配した。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク