全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

保護者、休校を不安視 「2週間どう過ごせば…」 新型コロナで学校は行事延期に

 八重山3市町で5日、公立小中学校などの2週間(与那国町は7日間)の休校が決まったのを受け、学校現場では6日、行事を延期するなど事務作業に追われた。子どもの始業式・入学式が延期となった保護者からは「この2週間どう過ごしたらいいのか」と先行きを不安視する声が広がっている。

 500人以上の児童が通う市内の大規模小学校では、石垣市が2週間休校を発表後、教職員が電話で約400世帯の保護者に通知。この日は、今後の行事対応などを確認した。

 同校によると4月予定の家庭訪問は5月に延期、新1年生を迎える会も密集を避けるため先送りした。5月にはPTA総会と授業参観も控えるが、授業参観の中止が決まった。

 同校教頭は保護者や児童に対し「不要不急の外出を避けてほしい」と述べた上で、石垣市教育委員会が募集する学習会を紹介。「家庭に子どもの面倒を見られる人がいない場合、申請して学習会に参加を」と求めた。市教委によると、休校分の授業振り替え方法は現時点で決定していない。

 6日午前、真栄里公園では多くの親子連れの姿が見られ、子どもたちは遊具で遊ぶなどリフレッシュしていた。

 小学2年生(7)の子を持つ30代女性=大川=は「ついに来たかと思った」と休校決定を振り返り、「医療崩壊すると大変なので休校は仕方ない。一気に広がるよりはいい」と市の判断を評価する。

 ただ、気になるのは2週間の過ごし方。「極力、家にこもる予定だが、どう過ごしたらいいのか。子どももずっと家にいるのは無理だ」と不安視した。  新小学1年生の女児(6)の保護者の30代女性=平得=は「なるべく外出したくないが、子どものことを考えると外出しないといけない」と複雑な心境を語り、「観光客はなるべく来てほしくない。絶対に石垣島でも(感染者が)出ると思っている」と訴えた。

 9歳と7歳の子どもを持つ母親は「仕方ないと思うが子どもの行き場がなくストレスも心配。祖父母もいないので毎日2人で留守番させるのも気になる。あしたからどうしよう」と不安をもらす。  幼稚園職員の1人は「ゆっくりいろんな準備ができるが、楽しみにしていた子どもたちがかわいそう。保護者もあすに合わせ準備してきたと思う」と心配した。

関連記事

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

紀伊民報社

飲食街にも明かり ぼちぼち再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を自粛していた飲食店が、6月に入り続々と再開している。県内有数の飲食街である和歌山県田辺市湊の「味光路」にも、明かりがともり始めた。感染症対策をしつつ、...

足取られ…田植え実感 新得小

 新得小学校(合掌浩孝校長、児童211人)の5年生36人が2日、共働学舎新得農場で田植えに挑戦した。  同校では5年生の総合学習で、田植えから収穫、調理まで一貫して稲作について学ぶ。田植えの大...

宇部日報社

フェンスに傘やてるてる坊主で梅雨をテーマに飾り付け

 社会福祉法人むべの里中山(隅田典代理事長)の駐車場脇のフェンス(高さ1㍍20㌢、幅30㍍)に、季節感あふれる飾りが取り付けられた。色とりどりの傘33本と、愛らしいてるてる坊主73個が並び、行き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク