全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「自転車の旅 快適に」 県が案内板設置

サイクリスト向けの案内誘導板(田辺市龍神村小家で)

 和歌山県田辺市龍神村を通る幹線道路の交差点などに、県がサイクリングコースなどを示す案内誘導板の設置を進めている。自転車に乗って龍神村内を巡るサイクリストに対して「道に迷わないように、安全・快適に自転車の旅を楽しんでほしい」と呼び掛けている。
 県と県観光連盟は、サイクリング事業「WAKAYAMA800~サイクリング王国わかやま~」を進めている。紀北、紀中、紀南と海岸沿いの計4ルートでサイクリングコースを設けている。周遊するサイクリストが迷わないように、サイクリングロードの主要幹線道の分岐点など約50カ所に案内誘導板を新たに設置。紀州材の間伐材を使ったこの案内誘導板は高さ約1・5メートル、幅40センチ。コースの起点や終点、道の駅など休憩所までの距離を記している。
 龍神村内では、柳瀬の国道425号と県道田辺龍神線の交差点付近、小家の国道425号と424号の交差点などに順次設置を進めている。本年度から来年度にかけて計5基を建てる。
 県は、2018年から運用しているインターネット上のサイクリング総合サイト「RIDE ON WAKAYAMA」をこのほど更新。「サイクルステーション」や「サイクリストに優しい宿」などの情報や、最新の推奨周遊ルートをサイクリスト目線で紹介している。今回設置した案内誘導板にも、同サイトにアクセスできるようにQRコードをプリントしており、利用を呼び掛けている。
 西牟婁振興局管理保全課によると、この案内誘導版の他にも、管内にある各ルートの詳細地図や標高などを表示した総合案内板(縦1・2メートル、幅90センチ)を道の駅などに計8基、幹線道路沿いなどに建てた支柱の先にアルミの案内表示板(縦45センチ、横15センチ)を計100基設置する予定。
 龍神村内で設置する総合案内板は、村内にある三つの道の駅に取り付ける。

関連記事

待ってた!初滑り 新得・サホロスキー場開業 管内で最も早く

 新得町の十勝サホロリゾートスキー場は3日、管内のトップを切り今季の営業を始めた。リフト1基が稼働し、待ちわびたスキーヤーやスノーボーダーが久しぶりの雪の感触を楽しんだ。  オープンしたのは、...

北羽新報社

「バスケの街」で熱戦 初のWリーグ能代大会

 バスケットボール女子・Wリーグの能代大会が2日、能代市総合体育館で開幕した。プレステージ・インターナショナル・アランマーレ(アランマーレ秋田)が静岡県のシャンソン化粧品シャンソンVマジックと対戦し...

サンゴの島を実感! 志戸桶集落で石垣修復体験 喜界島

 鹿児島県喜界島の喜界町志戸桶集落で2日、サンゴの石垣修復体験が行われた。参加者約20人が額の汗をぬぐいながら石垣の修復作業。島の成り立ちとは切り離せないサンゴ礁文化に触れながら、サンゴの島を実...

長野日報社

幽玄の世界、情感豊かに 長野県箕輪町で古田人形芝居公演

 長野県箕輪町上古田で300年近く受け継がれている県選択無形民俗文化財「古田人形芝居」の定期公演(町教育委員会主催)が2日、町文化センターで開かれた。住民有志らでつくる古田人形芝居保存会と箕輪...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク