全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新型コロナで全国大会中止 帯広の高齢者ダンスチーム「さくら」

全国大会に出場する準備を進めていた選抜メンバー。世界挑戦の夢は持ち越しになったが、精力的に練習を続けている

 帯広市内の社会参加型デイサービス「さくら大学」(西16南5、中村朋子施設長)の利用者でつくるダンスチーム「エイム・ダ・さくら」は、新年度も精力的にヒップホップダンスの練習を続けている。12日に東京で無観客開催が予定されていた「2020オールジャパン・ヒップホップダンス・チャンピオンシップ」は、3月下旬に中止が決定された。同大会で世界大会出場の切符を勝ち取る夢は来年以降に持ち越しとなったが、磨き上げたダンスを大舞台で披露する日のために汗を流し続ける。

 エイム・ダ・さくらのメンバーの平均年齢は82歳。同大会には2018年に特別パフォーマンス枠で初出場した。昨年は、ダンスの質を磨いて全国レベルの実力を付けるため出場を見送った。

 今年は施設利用者の間でオーディションを実施し、選抜メンバーを決定。それぞれの個性を生かしたオリジナルの振り付けなども取り入れ、いよいよ世界大会への出場に挑戦するはずだった。

 ところが、開催地である東京で新型コロナウイルスの感染患者が急増したため、3月27日に全国大会の中止が決まった。

 中止の報を受けた選抜メンバー15人は肩を落とし、中には涙を見せる人もいた。中村施設長から「ダンスがすべて終わるわけではない」と鼓舞され、気を取り直し4月から改めて練習を精力的に始めたという。

 全国大会自体は来年に延期となったが、新型コロナウイルスの影響が終息すれば十勝・帯広のイベントなどに積極的に参加する予定。チームリーダーの斉藤ムツ子さん(82)=帯広=を筆頭に「十勝の人がびっくりするようなパフォーマンスを披露しよう」と意欲を新たにしている。

関連記事

荘内日報社

今秋「日本海沿岸ミステリーツアー」 JR鶴岡駅発着 日帰り2コース 羽越本線..

 特急いなほに乗って〝ミステリーツアー〟を楽しんで―。羽越本線全線開通100周年を記念し、鶴岡市は9月28日(土)と10月27日(日)に、出発当日まで行き先を明かさない「日本海沿岸ミステリーツアー」を実施する...

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク