全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

次郎柿ドライフルーツ好評

次郎柿のドライフルーツづくりをした生徒たち=県立新城高校で

 新城市の県立新城高校情報会計科3年生が学校で栽培された規格外の次郎柿でドライフルーツを製品化した。校内や軽トラ市で販売したところ、200袋が売れて好評を得た。「苦くない味わいがおいしい」と女子生徒たちも出来栄えを話している。  同校では58本の木で次郎柿を栽培。市場に出しているものの、傷や形状が劣る規格外果実の有効利用を図ろうとドライフルーツ作りに取り組んだ。  専用の乾燥機がある同市作手菅沼の「レストランすがもり」が協力。生徒たちが皮むきして実をカットしてレストランに持ち込んで製品化した。真空パックにして約3カ月ほど保存できるという。  農協のまつりや軽トラ市で60グラム入り1袋350円で販売したころ、「子育て世代でも食べられる」とリピーターもいたという。  同科生徒の森田真未さんは「実をカットする作業がなかなか難しかった」と振り返った。また小澤彩花さんは「苦みあるイメージだったけど干し芋みたいに甘みがあって食べやすい」と話した。  鈴木猛史教諭は「新城東高校と学校統合となるため、農場の規模も縮小される計画がある。少しでも新城高校の柿のおいしさを一人でも多くの人たちにかみしめてほしい」と思いを込めた。  今後は学校内で栽培される野菜類の乾燥製品を考えていくという。

関連記事

豊橋の二川舞台に動画制作学ぶ

 「二川を撮る、二川で撮る」をコンセプトに映像制作を学ぶ「二川ショートムービー動画塾」が21日、江戸時代の東海道の面影が残る豊橋市二川町で行われた。「ええじゃないか豊橋映画祭2019」グランプ...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

「なつぞら」天陽君にさよならを 帯広・真鍋庭園に献花台

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」のロケセットを展示する帯広市内の真鍋庭園に4日、劇中で死去した青年画家山田天陽の献花台が設置された。同日午前からなつぞらファンが訪れ、“別れ”を惜しんでいる。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク