全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

冊子「ハタラクカタチ」 公益大生有志 若者目線で取材し制作

 庄内地方の企業などが持っている魅力を若者目線で広く発信しようと、東北公益文科大学(酒田市)の学生有志が、そこで働く若手従業員を取材してまとめた冊子「ハタラクカタチ」を制作した。学内の新4年生、市内の高校などに配布するほか、公益大ホームページに掲載。制作に携わった学生は「従業員の『庄内愛』のすごさをうれしく思った」と話している。

 昨年秋に1―3年の学生有志計9人がプロジェクトチーム=長南大輝代表(3年)=を結成、公益大地域共創センターの協力で制作したもの。学生自らアポイントを取って鶴岡、酒田両市、遊佐町の計8つの事業所を分担し訪問。公益大卒業生を中心とした若手従業員に「ワーク」「ライフ」の2つの視点でインタビューしQ&A形式でまとめた上で、訪問した学生がその事業所について思ったことを自由につづるコーナー「VOICE」で、あらためて「働くことの意味」を考察している。

公益大学生有志が制作した冊子「ハタラクカタチ」

 留学中の長南代表に代わってチームを取りまとめた高橋あかりさん(2年)=酒田市出身=は「アポイントを取るのが何より大変だった。庄内地方にもさまざまな事業所があるということをあらためて知った」と振り返り、「生の声が聞きたいと思って始めたもので、働く人の今を掲載している。就職活動の参考になれば」と話した。

 冊子はA4判、22㌻。700部発行。巻末には庄内地方、県内の企業などを広く紹介している「おすすめサイト」のQRコードもある。冊子に関する問い合わせなどは公益大地域共創センター=電0234(41)1115=へ。

関連記事

紀伊民報社

梅とミカンの魅力PR 小学生が電子ポスター

 和歌山県田辺市の会津小学校(下万呂)の4年生(64人)が梅とミカンの魅力をまとめた「ムービングポスター」(電子ポスター)をJR紀伊田辺駅、田辺エンプラス、市役所、市立武道館の4カ所で上映してい...

荘内日報社

山形在来作物研究会が文化庁認定 食文化「知の活用」振興優良事例

“在来品種は生きた文化財”伝承 保存の必要性や地域振興への取り組み評価  在来作物の存在を広めた山形在来作物研究会(会長・江頭宏昌(ひろあき)山形大学農学部教授)が、文化庁の「食文化『知の活用』振...

宇部日報社

自転車ヘルメットが品薄状態 4月から着用努力義務【宇部】

全年齢に拡大受け、需要増  道路交通法の改正に伴い、4月1日から自転車でのヘルメット着用が努力義務化される。宇部警察署(錨敏之署長)では、市内の学校や自転車販売店などにチラシを配って法改...

勇払に桜花を咲かせる会が今月末で解散 会員の高齢化 苫小牧

苫小牧市勇払地区の住民らで構成する「勇払に桜花を咲かせる会」(宇野元会長)が、今月末で解散する。11年間で市道勇払沼ノ端線沿いの約2キロ区間にサクラを約200本植樹し、手入れも続けてきたが会員の高...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク