全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

4年ぶり復活ザゼンソウ祭り 諏訪市有賀の公園

改修された木道を歩きながらザゼンソウを観賞する人たち(上)、見頃を迎えているザゼンソウ

 諏訪市豊田有賀のザゼンソウの里公園で28、29の両日、第22回ザゼンソウ祭りが開かれている。公園内の木道を全面改修し、安全に見られる環境が整ったため4年ぶりに復活した。来場者は木道を歩きながら、見頃を迎えたザゼンソウの観賞を楽しんでいる。29日は午前8時30分から午後3時ごろまで。

 公園を管理運営し、祭りを主催する地元有志の会「矢ノ沢同好会」によると、約1・6ヘクタールの公園に3万株ほどが自生する。園路は約350メートルの木道を含む総延長約700メートル。経年劣化で歩くのが危険な状態だった木道を約300メートルにわたり改修した。

 今季のザゼンソウは例年に比べて小ぶりだが、数は多めという。4月20日ごろまでは観賞できそうで、4月初旬にはミズバショウとの共演も楽しめそうだ。

 土地を所有する有賀林野や地元区の関係者ら約50人が出席した開園式で、矢ノ沢同好会の宮下和昭会長は「今後も自然の姿を見守り、よりよい公園にしたい」とあいさつ。来賓の金子ゆかり市長は「多くの人に親しまれる場所になれば」と述べた。

 家族3人と訪れた有賀在住の女性(79)は「足場がきれいになって歩きやすかった。今後も手入れをして貴重な自然を守ってほしい」と願っていた。

 29日も豊田上野地区の特産「上野大根」や山野草の販売、甘酒の振る舞いを予定している。矢ノ沢同好会は木道改修に合わせ、公園内の花に名前を記したプレートを設置しており、「子どもたちにも自然に親しんでほしい」としている。

関連記事

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

紀伊民報社

飲食街にも明かり ぼちぼち再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を自粛していた飲食店が、6月に入り続々と再開している。県内有数の飲食街である和歌山県田辺市湊の「味光路」にも、明かりがともり始めた。感染症対策をしつつ、...

足取られ…田植え実感 新得小

 新得小学校(合掌浩孝校長、児童211人)の5年生36人が2日、共働学舎新得農場で田植えに挑戦した。  同校では5年生の総合学習で、田植えから収穫、調理まで一貫して稲作について学ぶ。田植えの大...

宇部日報社

フェンスに傘やてるてる坊主で梅雨をテーマに飾り付け

 社会福祉法人むべの里中山(隅田典代理事長)の駐車場脇のフェンス(高さ1㍍20㌢、幅30㍍)に、季節感あふれる飾りが取り付けられた。色とりどりの傘33本と、愛らしいてるてる坊主73個が並び、行き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク