全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣市と東農大が協定 地域資源活用6次産業化へ 包括連携で人材育成協力

協定締結を行った中山市長(中央右)と髙野学長(同左)、右は石垣市商工会の黒嶋克史会長、左は㈱日建総本社の森信夫社長=24日、東京農大アカデミーセンター(石垣市提供)

 石垣市は24日、市の地域資源を活用した6次産業化と人材育成などを内容とする包括連携協定を東京農業大学と締結した。専門的な知見や助言による農林水産物・加工食品の保蔵、産業振興の活性化に期待している。同大アカデミーセンターで中山義隆市長と髙野克己学長が協定書に調印した。  東農大は、石垣島で微細藻類やハーブの生産基地を整備している㈱日建総本社と共同研究を行っているほか、卒業生を同社に送り込んでいる。推薦入学指定校の八重山農林高校から学校長推薦学生を受け入れている。

 締結した協定はほかに環境保全・地域づくり、教育・文化振興、就職支援、農林水産振興に関する事項などを盛り込んでいる。

 中山市長は「東農大卒業生は市役所や畜産業、酒造業などで活躍している。今回の連携をもとに本市の第1次産業のさらなる発展と“健康”をキーワードにした島の発展に共に取り組んでいきたい」と意気込んだ。

 髙野学長は「今回の協定では、事業者が関わっていることで、そこで暮らしている人々の声が聞ける。このネットワークを活用し、よりよい生活に貢献したい。さらに東京農業大学を身近に感じてもらいたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

公益大の魅力紹介 HP特設 ウェブオープンキャンパス

 酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は、大学ホームページ(HP)に特設ページ「Webオープンキャンパス」をオープンした。新型コロナウイルス感染症の影響で対面型での実施が困難なことを受けての開...

紀伊民報社

過去10年で最高値 南高梅の市場初売り

 和歌山県のJA紀州が出荷した南高梅の今季初の市場販売が28日にあった。同JAによると、3L秀品(10キロ)が8100円で、過去10年でも最高値という。今年は不作傾向で引き合いが強いことが要因に...

安平の吉田牧場、競走馬の生産終了 テンポイントなど名馬を輩出

 1977年に春の天皇賞と有馬記念を制したテンポイントなど数多くの名馬を輩出した安平町の「吉田牧場」(早来富岡)が、競走馬の生産を終了することを明らかにした。代表を務め、元騎手でもある吉田晴雄さ...

快適クールビズ 暑さ自粛解除? 帯広

 クールビズが行われている官公庁では、夏日となった29日、職員は軽装で業務に当たった。  道が定めるクールビズの実施期間は25日から10月2日まで。ノーネクタイ、ノージャケットのほか、ポロシ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク