全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

成人式の大島紬着用率18・5%

成人式の大島紬着用率が6年連続トップだった奄美市笠利地区=3日、市笠利農村環境改善センター

 本場奄美大島紬協同組合(山田伸一郎理事長)は12日、鹿児島県奄美群島14市町村・地区の2018年成人式大島紬着用率をまとめた。全体では前年比5・4ポイント減の18・5%(男性19・4%、女性17・6%)だった。市町村別では産地の北大島を中心に奄美大島で高い傾向がみられ、奄美市や龍郷町は昨年度から導入した紬購入助成制度の効果が表れたとみられる。地区別では奄美市笠利地区が6年連続トップだった。

 調査は13年から紬協組が各市町村に依頼してまとめ、公表している。

 今年の成人式出席者は1111人(男性588人、女性523人)。うち紬着用者(洋装含む)は206人(男性114人、女性92人)で、男性はおよそ5人に1人が紬姿で臨んだ計算になる。

 市町村別の着用率をみると、最高は男物の産地として知られる奄美市笠利地区の87・5%。「龍郷柄」「秋名バラ」発祥の地の龍郷町が72・7%で続いた。

 業者や織り技術者の少ない喜界島、徳之島、与論島の5町はいずれも1桁台で推移。和泊町での着用はなかった。着用率が前年を上回ったのは奄美市笠利地区(2・3ポイント増)と瀬戸内町(2・4ポイント増)のみだった。

 山田理事長は「今年は天候に恵まれなかったことが着用率低下の大きな要因。助成制度は好調に推移しており、奄美大島以外の消費者に喚起するため他自治体も助成制度を検討していただきたい。今後も小・中学生の泥染め・機織り体験や高校生の着付け体験などを行っていきたい」と話した。

関連記事

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

荘内日報社

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学...

紀伊民報社

わくわくするまちに 白浜でオンライン会議

 和歌山県白浜町の明るい未来を語り合うオンライン会議「第1回南紀白浜ビジョンミーティング」が2日にあり、町内外から150人が参加した。それぞれの未来像を共有し、協力して実現する仕組みづくりが目的...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク