全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

山車引き無病息災願う 伝統行事「左義長(さぎっちょ)」

一生懸命山車を引く子どもたち(14日、白浜町中で)

 和歌山県白浜町中で14日、伝統行事「左義長(さぎっちょ)」(どんど焼き)が営まれた。地区の子どもたちや住民らが、正月飾りを載せた山車を引いて練り、山車を浜で燃やして一年の無病息災を願った。  左義長は1955年の開催を最後に途絶えていたが、2010年に復活。住民有志でつくる「中さぎっちょクラブ」(中元三郎会長)が運営している。  山車は直径10センチ以上の太い竹などを組んで作っており、全長約6メートル。地区内外から寄せられたしめ縄や門松などを載せ、地元にある南白浜小学校の全校児童が今年の抱負を書いた短冊で飾り付けた。  行事には中地区以外に栄地区などからも約90人が参加。子どもたちは「さぁーぎっちょ、さぁーぎっちょ」などと掛け声を上げて山車を引き、浜通りを約1キロ歩いた。事前に録音した全校児童の掛け声を流したり、児童が太鼓をたたいたりしてにぎやかに営んだ。  浜に到着後、山車に火を付けて燃やした。餅まきもあった。  南白浜小6年生の宮本健大君(12)は「山車を引っ張るのはしんどかったけど、伝統の行事に参加できてよかった」、同校6年生の大江空君(12)は「ちゃんと浜まで山車を運ぶことができてうれしかったし、みんなが受け継いできた行事に参加し、しっかりとすることができてよかった」と笑顔をみせた。  中元会長(75)は「今年は子どもの参加が多く、とてもよかった。他の地区から正月飾りを持ってくる人も多かった」と話した。

関連記事

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

一面のジャガイモ たっぷり袋詰めに JAひろお感謝祭

 JAひろお(萬亀山正信組合長)の感謝祭が14日、「Aコープサンタ村」(町紋別18)で開かれた。  会場では、町内の農家で作った取れたて野菜、広尾産黒毛和牛のカットステーキ、ゆでたてトウモロコ...

「なつぞら」小道具も よつ葉ミルクフェスタ 音更

 「よつ葉ミルクフェスタ2019」が14日、音更町内のよつ葉乳業十勝主管工場で開かれた。同社の生乳を使ったソフトクリームや乳製品、牛肉製品などを多数販売、十勝の農民乳業設立シーンが物語に登場する...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク