全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

抗がん剤効果高める「SLFN11」 新機能発見

 鶴岡市の慶應義塾大先端生命科学研究所(冨田勝所長)の村井純子特任准教授らのグループは25日、抗がん剤の効果を飛躍的に高めるとして近年、世界中で注目を浴び、研究されているタンパク質「SLFN11(シュラーフェンイレブン)」に、抗がん剤の投与下でストレスや免疫反応に関する遺伝子群を活性化させるなどの新たな機能を発見したと発表した。米国立衛生研究所との共同研究で、同日付の米科学誌「セルリポーツ」電子速報版に論文が掲載され、高校生研究助手として任用された鶴岡中央高の生徒3人の名前も研究協力者として載っている。

 SLFN11は、がん治療薬として使用される白金製剤や卵巣がんに対し承認されたPARP阻害剤の抗がん効果を高めるとして、これまでに抗がん剤投与下でDNAとタンパク質の複合体に結合し、DNAの複製を止めることが分かっている。今回の研究では、SLFN11にはこの複合体の構造を変化させる働きがあり、同時にストレスや免疫反応に関わる遺伝子群の発現が数倍―数十倍に高まることを発見した。

 SLFN11の働きには未解明な部分が多く、SLFN11の有無で患者にとってより適切な薬が選択でき、抗がん剤の効果を事前に予測できる“バイオマーカー”になるとして注目され、世界中で研究が進められている。村井特任准教授は今回の研究成果を抗がん剤の抗がん効果を高めるメカニズムの解明にもつながるとして、「将来、薬の無駄打ちがなくなり、薬の選択性がより高まれば」と展望を語り、今後さらに詳細に解析するとしている。

左から村井特任准教授、渡部さん、佐藤謙乃介さん、佐藤結さん

 昨年5月から高校生研究助手として、鶴岡中央高普通科2年の渡部智大さん(17)と佐藤謙乃介さん(17)、同1年の佐藤結さん(16)が携わった。授業終了後、平日は毎日のように研究所へ通い、解析装置を使って細胞を判別するセルカウントや実験結果のデータ入力などを分担して行った。生徒たちは「自分のやってきたことが表に出るとうれしい」「ミスをしないように心掛け、不明な点は積極的に聞いていった」などと振り返った。村井特任准教授はアメリカから帰国後、2018年に慶應先端研に着任。「高校生と聞いて初めはどうなるんだろうと半信半疑だった。洗い物や掃除、ごみ捨てなどもしてもらい、とても助かった」と笑顔で高校生研究助手たちの活躍をたたえた。

関連記事

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

県蝶にオオゴマダラ制定 自然環境保全、周知啓発へ

 【那覇】県は1日、県蝶にオオゴマダラを制定した。都道府県の蝶制定は埼玉県に続いて2例目。オオゴマダラは石垣市の市蝶としても知られる。  県のシンボルでは県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌...

長野日報社

「春の交通安全」映像で啓発 伊那署が広報収録

伊那署と伊那ケーブルテレビジョン(伊那市)は2日、交通安全啓発の広報映像を同署で収録した。春の交通安全運動(6~15日)の一環。今回の運動は新型コロナウイルスの影響で県内各署が活動規模を縮小。...

荘内日報社

山口さんのアマゾンコレクション 6年ぶり公開展示 3日から致道博物館

 鶴岡市在住で文化人類学研究者の山口吉彦さん(78)が、アマゾンの原住民らと交流しながら収集した資料の展覧会が3日から、同市の致道博物館で開かれる。2014年3月に市のアマゾン自然館・民族館が閉館後、アマ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク