全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

国際線の運航ゼロ、新型コロナ影響拡大 新千歳空港「異例中の異例」

海外航空会社の相次ぐ運休で閑散としている新千歳空港国際線ビル

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で、新千歳空港では26~28日、国際線18路線の発着便すべてが運休する異例の事態となった。夏ダイヤとなる29日以降も、再開のめどは立っていない。各国の渡航制限や航空需要減少を受けた海外航空各社の対応が、北の玄関口に重い影を落とす。関係者は「異例中の異例」と口をそろえる。

 日本政府は今月初め、9~31日まで、中国本土、韓国路線の到着先を成田空港などに制限する措置を講じた。これにより、新千歳と両国を結ぶ路線は全便運休となった。

 その後、海外航空各社の運休が続出。タイ国際航空は4日のバンコク線、マリンドエア(マレーシア)は5日のクアラルンプール線、香港航空は8日の香港線、エバー航空(台湾)は11日の台北線、フィリピン航空は18日のマニラ線を最後に、それぞれ運航を休止している。

 3月の国際線は、当初計画では28日までに832便が運航予定だったが、24日時点で8割超の689便が運休または運休を決定。26日はシンガポール、バンコク、ハワイなどの路線の発着便もなく全休となった。

 今月は19、23、24日も国際線の発着便がゼロに。2018年の胆振東部地震後にも1日だけ発生した経緯があるが、断続的に運航ゼロとなるのは異例だ。  国土交通省新千歳空港事務所は「非常にショックだが、追加減便もあり得る」と動向を注視。航空各社の判断によっては、夏ダイヤとなる29日以降も全休状態が続く可能性もある。

 25日は、26日から7月末までの運休を決めたハワイアン航空便だけが運航。午後4時ごろの到着便で帰国した、ハワイ在住の会社員女性(33)は「現地では多くの店が閉まり、外出禁止令も出されている深刻な状況。ぎりぎりで新千歳に入れてほっとしている」と話した。米国人の夫はハワイに残り、7月末まで4歳と2歳の女児と一緒に登別市内の実家に滞在予定という。

 運航ゼロは、国際線ビル内のテナント営業にも打撃を与えている。空港ビルを管理する新千歳空港ターミナルビルディング(千歳市)によると、ビル内の店舗は運航に合わせて営業する取り決めがあり、一時的に休業する店も発生するとみられる。

 どのテナントも2月以降、売り上げの大幅減が続いており、パート従業員の40代女性は「ここまでひどくなるとは思わなかった。今は不安しかない」と表情を曇らせた。

関連記事

荘内日報社

「ゆどのの山塩」と加工品を開発 温泉ぼんぼの源泉製塩

 鶴岡市熊出の「かたくり温泉ぼんぼ」の源泉を使った山塩「ゆどのの山塩」が開発され1日、記者発表された。強塩温泉を水蒸気の熱で間接的に温め、4日がかりで煮詰め塩にするもので、ミネラル分が多く、味はまろ...

紀伊民報社

海上遊歩道からクジラ

 和歌山県太地町が、森浦湾の一部を網で仕切って小型鯨類を放し飼いにする事業で設置した海上遊歩道が1日、オープンした。海上遊歩道の上から、近くを泳ぐバンドウイルカやハナゴンドウなどを見ることができ...

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

「ねじのロケット」7号機 今夏打ち上げ MOMO公開 大樹

 町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は2日午前11時から、町浜大樹の実験場で、今夏打ち上げ予定の観測ロケット「MOMO(モモ)」7号機を報道陣に初めて公開し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク