全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡発「シルクのマスク」はいかが

 鶴岡市で絹製品の企画・販売を手掛ける鶴岡シルク(鶴岡市大宝寺日本国、大和匡輔社長)は24日、国産シルク100%の「メイド・イン・ツルオカ」のマスクの本格販売を開始した。

ハンドメードによる鶴岡シルクのマスク

 厚手のシルクのサテン生地を4枚重ね、間にガーゼを入れ、直接肌に接する面にはシルクのシフォンを重ねることができる。シフォンによって口紅やファンデーションの付着を防ぐ構造。6種類の型紙を使い、裁断、縫製、アイロンと全工程を同社が培ってきた手業(てわざ)でハンドメードする。絹本来の抗菌効果に加え、さらに抗菌加工が施してあり、抗酸化作用や紫外線も吸収する働きがあるという。丸洗いして何十回でも使用できるため非常に経済的で、何よりも天然由来のため肌に優しい。不織布アレルギーの人でも安心して使用できる。

 市場がマスク不足に陥る以前から開発を始め、今月完成をみた。今月12日から横浜市の京急百貨店で開催された同社のフェアで7日間限定で販売し、1日につき30枚ずつ用意したが連日完売。鶴岡市の本社にも全国からの問い合わせが相次ぎインターネット注文は1週間待ちの状態という。

 「一日に作れる枚数を考えると採算は取れない。当社も度重なるイベントのキャンセルなどにより仕事が減って大変。しかし、従業員と共に一丸となり、今まで培ってきた技術で鶴岡シルクの灯を消さないように取り組んでいる」と大和社長は熱く語る。

 24日は同市松ケ岡開墾場の「kibiso」ショップで本格販売が開始された。他に、鶴岡まちなかキネマ、萬国屋、たちばなや、亀や、一久、スイデンテラスでも販売される。

 問い合わせは鶴岡シルク=電0235(29)1607=へ。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

荘内日報社

ベテラン棟梁から熟練の手ほどき

 わが国に古くから伝わる建築工法「伝統木構法」を学ぶ「日本の伝統的大工塾」(塾長・川上清太郎田川建設労働組合執行委員長)が5日、鶴岡市で開塾した。庄内地方の大工を中心に建築に関わる18―50歳の男女11人...

紀伊民報社

檜扇を蔵出し 熊野速玉大社 扇立祭

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社(上野顯宮司)は6日、14日の「扇立祭(おうぎたてまつり)」に向け、神前に立てる「檜扇(ひおうぎ)」の蔵出しをし、みこが丁寧にほこりを払った。今年の扇立祭...

釧路新聞社

ジャズ喫茶 幸町に開店【釧路】

   釧路ジャズクラブ代表で今春に釧路市役所を定年退職した神村恭一さん(60)がジャズ喫茶「Cat」を釧路市幸町6の1、幸町ビル2階にオープンした。店内には釧路のジャズ喫茶を代表する存在だった小林...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク