全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

元日ハム戦士池田さん 足寄高野球部監督に

十勝の野球発展にも寄与したい」と話す池田さん

 元プロ野球選手で足寄町教委に勤務する池田剛基さん(35)が新年度、足寄高校野球部の監督に就任する。十勝管内の高校野球部で元プロ野球選手が監督となるのは初めて。池田さんは「プロの経験を選手らに伝えるのはもちろん、十勝の野球の発展にも寄与したい」と意気込んでいる。

 池田さんは札幌市出身。胆振管内の鵡川高校を卒業後、2003年に北海道日本ハムファイターズに内野手として入団した。06年に引退後、日ハムのベースボールアカデミーでコーチを務め、子どもたちに野球を指導。高校野球を指導できる資格の回復制度を利用した後、足寄町と球団が17年に結んだパートナー協定に基づき、18年度から町教委の任期付き職員に。同年から足寄高校野球部で外部コーチを務めた。

 同校野球部の監督が今春転任するのを機に、池田さんが4月1日付(予定)で監督に就く。池田さんは監督1年生で学びの機会も多いとし、「いろいろなことを教えてもらい、自分の知っていることは惜しみなく還元していく」と話す。部員たち(現在は1、2年生合わせて10人)には「3年間を全うすることで、社会で通用する何かを得てほしい」という。

 鵡川高野球部時代の恩師である佐藤茂富元監督(故人)からは、過去に「あまり細かく教えすぎず、大きく育てて可能性を引き出すように」と指導のアドバイスを受けたという。生徒と真剣に向き合う佐藤元監督の指導スタイルを胸に、池田さんは「自分と関わった選手に『あの人と野球をやってよかった』と思ってもらえるようやっていきたい」としている。

 藤代和昭教育長は「経験とノウハウを存分に生かし、足寄高校の振興はもとより、町民に元気や明るさ、希望を与えてほしい」と期待を寄せる。

関連記事

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

県蝶にオオゴマダラ制定 自然環境保全、周知啓発へ

 【那覇】県は1日、県蝶にオオゴマダラを制定した。都道府県の蝶制定は埼玉県に続いて2例目。オオゴマダラは石垣市の市蝶としても知られる。  県のシンボルでは県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌...

長野日報社

「春の交通安全」映像で啓発 伊那署が広報収録

伊那署と伊那ケーブルテレビジョン(伊那市)は2日、交通安全啓発の広報映像を同署で収録した。春の交通安全運動(6~15日)の一環。今回の運動は新型コロナウイルスの影響で県内各署が活動規模を縮小。...

荘内日報社

山口さんのアマゾンコレクション 6年ぶり公開展示 3日から致道博物館

 鶴岡市在住で文化人類学研究者の山口吉彦さん(78)が、アマゾンの原住民らと交流しながら収集した資料の展覧会が3日から、同市の致道博物館で開かれる。2014年3月に市のアマゾン自然館・民族館が閉館後、アマ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク