全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鳩間島新川御嶽 テリハボク林が名所100選 美ら島花と緑 八重山から14件目

美ら島おきなわ・花と緑の名所100選に選ばれた鳩間島新川御嶽のテリハボク林(沖縄県花と緑の名所100選ホームページより)

 「美ら島おきなわ・花と緑の名所100選」事業を行っている沖縄県は24日、竹富町の鳩間島新川御嶽(アラカーウガン)のテリハボク林を新たに追加したことを発表した。八重山からの100選選出は14件目。同事業は、一人一人が取り組む県土の緑化を推進し、地域の活性化や産業の振興に寄与することなどを目的に2011年度から行っている。

 新川御嶽は鳩間島中心部の森林、中森の西側にあり、水の堰口(ミジフシキフチ)と呼ぶ場所に拝殿(パイデン)が建ち、水元の神として祭られている。

 同御嶽は中森の森林と隣接し、幹の直径が60㌢前後あるテリハボクの巨木群落を中心に、フクギやガジュマルなどから形成。テリハボクの大木が多数生育することから、学術的に貴重な御嶽林とされている。

 今回の登録では那覇市の弁ヶ岳公園、座間味村の阿真ビーチのグンバイヒルガオ群落も新たに追加された。

 同100選は昨年7月から推薦受け付け、1次審査などを経て3月16日、沖縄県名所・名木選考委員会で決定した。

 八重山からの100選登録はこれまでにバンナ公園、宮良ヤラブ並木、竹富島のデイゴ並木など13件選ばれていた。県全体では92件目の登録となる。

関連記事

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

県蝶にオオゴマダラ制定 自然環境保全、周知啓発へ

 【那覇】県は1日、県蝶にオオゴマダラを制定した。都道府県の蝶制定は埼玉県に続いて2例目。オオゴマダラは石垣市の市蝶としても知られる。  県のシンボルでは県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌...

長野日報社

「春の交通安全」映像で啓発 伊那署が広報収録

伊那署と伊那ケーブルテレビジョン(伊那市)は2日、交通安全啓発の広報映像を同署で収録した。春の交通安全運動(6~15日)の一環。今回の運動は新型コロナウイルスの影響で県内各署が活動規模を縮小。...

荘内日報社

山口さんのアマゾンコレクション 6年ぶり公開展示 3日から致道博物館

 鶴岡市在住で文化人類学研究者の山口吉彦さん(78)が、アマゾンの原住民らと交流しながら収集した資料の展覧会が3日から、同市の致道博物館で開かれる。2014年3月に市のアマゾン自然館・民族館が閉館後、アマ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク