全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

明治150年やまぐち幕末ISHIN祭スタート

くす玉を割る村岡知事ら(山口宇部空港で)

 明治150年のスタートを宣言するやまぐち幕末ISHIN祭のセレモニーイベントが13日、山口宇部空港で開かれた。大勢の観客が見守る中、書道研究玄游会(矢田照濤会長)の書道家3人が揮毫(きごう)パフォーマンスを披露した。県、おいでませ山口観光キャンペーン推進協議会(松村孝明会長)、同空港ビル(児玉啓一社長)主催。

 村岡嗣政知事は「節目の年を迎え、観光力を一層強化したい。県の魅力を観光客に知ってもらえれば」とあいさつ。松村会長も「専用パスポート、イベントなどを通じて情報発信を図り、誘客に努める」と抱負を述べた。くす玉割りには県PR本部長のちょるるも駆け付けた。書のパフォーマンスでは、矢田会長、江藤咲良さん、田中爽舟さんが縦4メートル、横2メートルの紙に揮毫。魂を込めて筆を走らせた。3人が仕上げる間、観客は食い入るように見詰めていた。作品が完成すると、会場からは大きな拍手が湧き起こった。作品は2月7日まで、同空港国内線ターミナルビル2階に展示される。

関連記事

夏休み 最後も笑顔 チームラボ帯広

 小・中学生にとって夏休み最後の週末を迎えた。体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)を開催中の道立帯広...

長野日報社

柴舟担ぎ災厄払う 箕輪町で「おさんやり」

長野県箕輪町南小河内に古くから伝わる厄よけ行事で町無形民俗文化財「おさんやり」(同区盆祭実行委員会主催)が16日夜、同区内で行われた。全長約10メートルの巨大な柴舟が巡行し、地域の災厄を払う伝...

長野日報社

令和に咲く煌めきの華 諏訪湖祭湖上花火大会

第71回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)は15日夜、長野県諏訪市の諏訪湖で開いた。接近する台風10号の影響が心配されたが、ほとんど雨は降らず、水上スターマインやナイヤガラなど予定...

輝き七色 夜空の美 勝毎花火 十勝

 十勝の夏を彩る一大イベント「第69回勝毎花火大会」(十勝毎日新聞社主催)が13日午後7時半から、帯広市内の十勝川河川敷特設会場で開かれた。夜空一面に広がった大輪が会場を埋めた観客のため息を誘っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク