全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

子どもの心身健康を 茅野市の小中学校で話し遊ぶ時間始まる

先生方と話し・遊ぶ時間で登校し、校庭でサッカーを楽しむ児童=茅野市北山小学校

茅野市内の小中学校で、春休み中の児童生徒を対象にした「先生方と話し・遊ぶ時間」が始まった。市教育委員会によると、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための臨時休校から春休みに入り外出自粛が3週間となる中、運動の機会や人との関わりが減っている子どもたちの心身の健康保持の必要性を考えた。学校ごとに実施日や時間、活動内容を決め、希望者が登校して、友達や担任らと遊んだり、話したりして有意義な時間を過ごしている。

北山小では24日、地区単位の2班に分けて午前と午後2時間ずつ行った。午前の班は、早々校庭に繰り出し、低学年の児童らは遊具や砂場で遊んだり、教室でシャボン玉を楽しんだりした。高学年を中心にした児童は学年入り交じり、担任も一緒になってサッカーゲーム。朝方は氷点下の冷え込みで、校庭には冷たい風が吹いていたが、半袖、半ズボン姿の児童もいて、歓声を響かせながら駆け回っていた。

サッカーをした3年生の男子児童は「ボールが体に当たったりしたけど思い切り遊べて楽しかった」。砂遊びなどをした2年生の女子児童は「2時間もどうしようと思ったけど、楽しい休み時間みたいであっという間だった」と話していた。

同校では臨時休校中、子どもたちの生活の様子を把握するため、電話をかけたり、家庭訪問をしたりした。この日参加できなかった児童の家には25日に家庭訪問を行うという。柄澤俊彦校長は「校庭に子どもたちの声が響くのはいいものですね」と目を細めていた。

先生方と話し・遊ぶ時間は、小学校は1日ないし2日間、中学校は数日に分散し、全13校が23~27日に計画している。

関連記事

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

県蝶にオオゴマダラ制定 自然環境保全、周知啓発へ

 【那覇】県は1日、県蝶にオオゴマダラを制定した。都道府県の蝶制定は埼玉県に続いて2例目。オオゴマダラは石垣市の市蝶としても知られる。  県のシンボルでは県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌...

長野日報社

「春の交通安全」映像で啓発 伊那署が広報収録

伊那署と伊那ケーブルテレビジョン(伊那市)は2日、交通安全啓発の広報映像を同署で収録した。春の交通安全運動(6~15日)の一環。今回の運動は新型コロナウイルスの影響で県内各署が活動規模を縮小。...

荘内日報社

山口さんのアマゾンコレクション 6年ぶり公開展示 3日から致道博物館

 鶴岡市在住で文化人類学研究者の山口吉彦さん(78)が、アマゾンの原住民らと交流しながら収集した資料の展覧会が3日から、同市の致道博物館で開かれる。2014年3月に市のアマゾン自然館・民族館が閉館後、アマ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク