全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

部活解禁 生徒に笑顔

 学校に生徒たちの明るい笑顔が戻ってきた―。鶴岡市の中学校の部活動が23日、解禁となり、鶴岡二中(碓氷勉校長、生徒454人)でも午前8時から体育系、文化系とも活動が再開された。

鶴岡二中の女子バスケ部はパス練習、シュート練習など体育館で活動再開

 女子バスケットボール部は18人が集まった。3週間ぶりに体育館でボールに触れられたことに幸せを実感した様子。ごく当たり前に思っていた練習がようやくできて齋藤優明(ゆめ)主将(14)は「家にこもりっ切りだったし、最初はボールが何か手に付かなかった。すっきり運動できてうれしい。シュート練習が気持ち良かった」と“快汗”に自然に笑みがこぼれた。激しい接触プレーなどを伴う練習試合は様子を見ながら始めるという。合唱部では7人の女子部員が音楽室できれいなハーモニーを聞かせた。渡辺杏(あん)部長(14)は「きょうの練習が待ち遠しかったです。“夏の大会に向け練習をしないと、体がなまるし…”とやや焦りもあった。休みの間は家の中で腹筋をしていました」と振り返った。

合唱部は音楽室で練習再開。時折窓を開け、換気に気を付けた

 他に屋外のサッカー、野球、陸上なども再開、文化系では吹奏楽、生徒会活動も始まり、延べ250人の生徒が登校した。金丸裕之教頭も「学校の本来の姿に戻ったという感じです」とホッとした表情だが、県・市の指導の下、今後も1週間単位で見直しがあるといい「体調が悪ければ参加しない。あまり密集せず、活動前後の手洗いはしっかり行うことを徹底させたい」と話していた。

 今月2日から突然始まった新型コロナウイルス感染拡大の防止策のための臨時休校は鶴岡市内では解けたが、まだまだ油断は禁物のようだ。

関連記事

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

紀伊民報社

飲食街にも明かり ぼちぼち再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を自粛していた飲食店が、6月に入り続々と再開している。県内有数の飲食街である和歌山県田辺市湊の「味光路」にも、明かりがともり始めた。感染症対策をしつつ、...

足取られ…田植え実感 新得小

 新得小学校(合掌浩孝校長、児童211人)の5年生36人が2日、共働学舎新得農場で田植えに挑戦した。  同校では5年生の総合学習で、田植えから収穫、調理まで一貫して稲作について学ぶ。田植えの大...

宇部日報社

フェンスに傘やてるてる坊主で梅雨をテーマに飾り付け

 社会福祉法人むべの里中山(隅田典代理事長)の駐車場脇のフェンス(高さ1㍍20㌢、幅30㍍)に、季節感あふれる飾りが取り付けられた。色とりどりの傘33本と、愛らしいてるてる坊主73個が並び、行き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク